「折りたたみベッド」一覧

折りたたみベッド・カテゴリーの販売ページです。寝る時には、広げて、起きたら、折りたたんで、部屋の隅などに収納できる便利なベッドです。急な来客や親戚・友人など、泊りに来たときなどに、とっても重宝します。

リクライニング折りたたみベッド【Vencedor】ヴェンセドル

 

折りたたみベッドの特徴

折りたたみベッドは、ネーミング通りの「折りたためる」ベッド。一般的な折りたたみベッドは、フレームとマットレスが、一体型で、マットレスごと折りたため、脚にはキャスター付きで、移動が簡単!

 

部屋の隅に、コンパクトにしまえます。(中には、マットレスのないのもあります)

 

サイズには、シングル、または、セミダブルが多いです。普通体型の方は、シングル、大柄体型の方や、ゆったりと寝たい方には、セミダブルがおすすめです。

 

折りたたみベッドのマットレス素材は、ウレタンマットレスで、一般的なウレタンマット・低反発マットレス・高反発マットレスです。

 

この中でも「低反発マットレス」が、多く使用され販売されています。マットレスの硬めの寝心地を好む方は「高反発マットレス」を使用した折りたたみベッドがおすすめです。

 

価格帯は、高反発マットレスの方が、ややお高め。でも、弾力性が高いので寝返りがうちやすく、体の荷重で、一番、重い、腰からお尻にかけて、沈み込み過ぎないので、腰痛気味・腰痛の方には。おすすめ。

 

また、腰痛気味、腰痛の方は、お布団や敷きパッドを、敷いて寝ることで、ご自分に合ったちょうどいい硬さが、みつけられます。

 

高反発マットレス

 

折りたたみベッドは、部屋の狭い方、一人暮らしの方、または、予備の来客用ベッドとして、購入される方が多く、特に、部屋が狭い方には、折りたためば、スペースを確保できる優秀ベッドです。

 

折りたたみベッドのメリット

  • スペースが作れる
  • 簡単に移動ができる
  • 湿気がこもりにくい
  • 掃除がしやすい

 

スペースが作れる

折りたたみベッドの最大の特徴。フレームとマットレスセットの据え置きベッドなら、例えば、シングルサイズの場合、幅90cm☓長さ100cmの面積が、占領されることになり、また、大きいので、そんなに簡単には動かせません。

 

その点、折りたたみベッドなら、据え置きベッドの面積分のスペースが作れるので、お部屋が狭い方には、スペースが確保できるのは、大きな魅力です。

簡単に移動できる

ほとんどの折りたたみベッドには、キャスター付きで、簡単に、移動ができます。フローリング等の場合は、床や畳に、傷がつかないように、ゆっくりと気をつけて、移動しましょう。

 

ベッドの移動が、自由にできるということは、ベッドの置き場所も、自由に、変えられるということ。来客時なら、リビングでも和室でも、その時に、空いているお部屋に、移動ができて、とても便利です。

 

湿気がこもりにくい

ベッドフレーム+マットレスのような据え置きのベッドの場合は、一方から三方、壁にくっつけて設置される事も多いと思います。ベッド本体を、動かすことも、ほとんどないので、風が通らずに、湿気が、こもりやすいのです。

 

そんな据え置きベッドと比べると、折りたたみベッドは、ベッド本体を、二つに折りたたんで、ベッドを移動するので、上手に湿気を逃がすことができています。

 

掃除がしやすい

据え置きベッドのベッド下は、ホコリが溜まりやすく、ロータイプのベッドなら、さらに、掃除がしにくい。ここ最近では、ロボット掃除機も活躍していますが、値段も高価ですし、ベッド下を、通り抜けできるぐらいの高さのあるベッドでないと、使えません。

 

折りたたみベッドは、折りたたんで移動させれば、簡単に掃除機が、かけられるので、ベッド周りをいつもきれいな状態に保てます。

 

カビが発生しやすい条件は、ホコリと湿気!折りたたみベッドは、そのホコリと湿気に強いベッドとも言えます。

 

掃除機で、掃除も楽々

折りたたみベッドのデメリット

  • マットレスの選択肢が少ない
  • 強度が落ちやすい
  • よく似たデザイン
  • 収納場所が必要

 

マットレスの選択肢が少ない

折りたたみベッドは、折りたたむという形状から、マットレスの選択肢は、少ないのが現状です。

 

据え置きベッドのように、8~9種類のマットレスから自分好みのマットレスを選ぶのと比べると、折りたたみベッドは、選択肢が少ない分、寝心地に関しては、あまり期待はできないと考えた方が無難でしょう。

 

しかし、先に、述べましたが、ウレタンマットレスであっても、低反発マットレスや高反発マットレスなど、より寝心地がよくなるように、各メーカーが、日々、開発しています。

 

低反発マットレスと高反発マットレスなら、高反発マットレスの方が、価格は高いですが、おすすめです。

 

高反発マットレスには、高い復元力により、ヘタリにくく、理想の寝姿勢をキープしやすいのです。また、通気性によって温度変化に強く、さらに、耐久性にも優れています。

 

でも、価格が高めなので、硬めの高反発マットレスが、体に合わなかった時のリスクは、大きいことになります。

 

強度が落ちやすい

折りたたみベッドは、通常のベッド造りでは、ありません。

 

ベッドとして寝ることは同じですが、折りたたむ、キャスターで、移動するなど、あまりに、使用される方が、重すぎると、できない動作ばかり。ですが、耐荷重は、平均的な90kgはクリアされています。

 

また、毎日、折りたたむ、キャスターでの移動を繰り返していると、そのキャスター部位も、消耗してしてきます。その頻度・使い方によっては、強度が落ちやすいと言えます

 

よく似たデザイン

据え置きベッドのデザインなら、北欧・スタイリッシュ・モダンなど、たくさんあります。

 

しかし、折りたたみベッドのほとんどは、同じ形状で、よく似たデザインのものばかり。折りたたみベッドは、コンパクトに折りたため、移動のためのキャスターに、取っ手付きなど、寝るだけのベッド以外に必要な、機能をシンプルで、コンパクトにまとめたられたスタイルなのです。

 

機能重視の折りたたみベッドなので、お使いいただく方が、気に入ってもらえたらOK!使い込むほどに、部屋に自然となじむ、折りたたみベッドなのです。

 

収納場所が必要

気に入った折りたたみベッドが、みつかったら商品スペックを確認。折りたたんだ時のサイズも確認しておきましょう。折りたたみベッドを、折りたたんだ時の、厚み・幅・高さです。

 

そして、部屋の収納場所に、折りたたんだベッド本体が、ちゃんと、しまえるのかどうかをチェック。「購入したけど、折りたたんでも、収納場所にしまえない・・・」こんな失敗はしたくないもの・・・。必ず、確認しておきましょう。

 

「折りたたみベッドに、布団を乗せたまま、折りたたんでいいの?」夏場なら、寝具もタオルケットなどで、薄手が多いので、大丈夫かもしれません。でも、冬場の布団や毛布などの重さに耐えかねてくれるのか?

 

一般的な折りたたみベッドの使い方としては、寝具は、寝具の収納場所にしまい、折りたたんだベッドは、部屋の隅に収納、狭い部屋でも、自由スペースが確保できる使い方が、正当な使い方だと思います。

 

収納場所

 

折りたたみベッド選びのポイント5つ!

  1. サイズ
  2. 形状(カタチ)
  3. 収納
  4. 寝心地
  5. 使い勝手

 

サイズ

基本的なシングルサイズは、幅が90~100cmぐらいになります。体格の大きい方やゆったり寝たい方は、セミダブルがおすすめです。

 

折りたたみベッドの寸法は、ベッドサイズだけではなく、折りたたんだ状態の寸法も、ちゃんと商品スペック等で、確認して、実際に、配置できるのか、収納できるのかをチェックして下さい。

 

幅が80~85cmのセミシングルサイズの折りたたみベッドが、まれにあり、一般の方なら狭くて寝にくいでそうが、小柄でスリムな女性にはピッタリ、おすすめです。

形状(カタチ)

一般的な折りたたみベッドは、キャスター付きの脚に、マットレス付きで、折りたたんで自立するタイプ。

 

また、他に、床に置くすのこ折りたたみベッドの形状のものもあります。フローリング等の床に、寝具を直置きしないようにするもので、このすのこ折りたたみベッドなら、湿気を逃がし、カビの発生を軽減してくれる優れものです。

 

このようなマットレスのない折りたたみベッドは、フローリング等の部屋で、床に布団を敷いて寝ているという人におすすめ。寝具が、直置きにならず、ホコリが舞いやすいフローリングでも、高さがあるので、アレルギーの方にもおすすめです。

 

また、電動で折りたためるタイプ。 高齢の方で「最近、起き上がりが、しんどくて・・・」こんな方には、起き上がりの負担を軽減してくれます。高齢の方には、特におすすめです。

収納

折りたたみベッドを折りたたんだ時に、厚み・横幅・高さ。この中でも、厚さと横幅が、収納する際には、大事になります。

  • 厚み:だいたい30~50cm前後
  • 横幅:90~100cm前後
  • 高さ:100cm前後

 

できるだけコンパクトに、収納できると、メリット活きてきます!

 

寝心地

折りたたみベッドの場合、寝心地は、ある程度の覚悟が、必要になってきます。

 

マットレス付き折りたたみベッドの場合、一般的なウレタンマットレス・低反発マットレス・高反発マットレスが多いです。

 

一般的なウレタンマットレス

やや硬めで、寝心地は普通、ウレタンマットの上に敷布団を敷けば、問題ありません。 すのこのような隙間がないので、凸凹感がなくなります。

 

低反発マットレス

やわらかな寝心地、高反発マットレスと比べると比較的安価。 通気性に劣るため、特に夏には、暑く蒸れやすく、体が沈み込むので、腰痛や肩こりの原因になることもあります。

 

高反発マットレス

硬めの寝心地、復元力が強く、弾力性があるため腰痛や肩こりの方におすすめ、価格帯は、高めの傾向。耐久性が高く、ヘタれにくく、通気性に優れており、夏でも蒸れにくいので、爽やかです。

 

使い勝手

折りたたみベッドの使い勝手は、スムーズに折りたためて移動できるのか?シングルより少し大きめのセミダブルサイズになると、重たくなります。

 

寝る時には、スムーズに、ベッドセッティングできるか?など、各メーカーが、より簡単で、便利に!安心・安全な工夫を、日々、開発されているので、さらに、使い勝手のいい折りたたみベッドも、登場する日も近いです。