「パネル型ヘッド」一覧

パネル型ヘッド・カテゴリーの販売ページです。パネル型ヘッドとは、スッキリとした一枚板のようなヘッドボードのこと。出っ張りなどがないので、レイアウトしやすいメリットがあります。パネル型ヘッドベッドで、高級感が漂う!ホテルライクのベッドルームにしてみませんか?

海外では、パネル型ヘッドのベッドが主流。海外のホテルでは、パネルヘッドベッドで、ベッド横に、サイドテーブルを、置くスタイルが、ほとんどです。

 

ベッドサイド

 

パネル型ヘッド付ベッドの特徴

パネル型ヘッドボード付きベッドの特徴は、ベッド素材が、木製、又は、レザーなどで、スッキリとした一枚板のようなヘッドボードのこと。

 

日本のベッドに、よくあるヘッドボード(棚)とは、違い、ほとんどが、物が置ける棚でなく、コンセントや照明がない!出っ張りが、表も裏にもないので、レイアウトしやすくスッキリとした印象です。

 

海外ドラマや映画の中のベッドルームで、よく見かけるベッドのほとんどが、パネル型ヘッド付きのベッド。

 

また、海外のホテルでは、パネル型ヘッド付きベッド、そして、そのベッドサイドに、サイドテーブルを置くスタイルが、ほとんどです。

 

欧米などの諸海外は、ベッド文化。家も部屋も広いので、ベッドに、あれこれ付ける必要なく、その代わりに、サイドテーブル、スタンド型ライトなどを、別に、コーディネートしています。

 

ヴィンテージ風レザー大型ローベッドOldLeatherオールドレザー

 

パネル型ヘッド付ベッドのメリットとデメリット

おしゃれデザイン、シンプルでスッキリなパネル型ヘッド付ベッドのメリットとデメリットを、ご紹介します。

 

パネル型ヘッド付ベッドのメリット

メリットとしては、シンプルでスッキリしているパネル型ヘッドボードなので、部屋のレイアウトは、しやすいと言えます。

 

パネル型のヘッドボードがあることで、枕・クッションなどが、落ちてしまったりすることがなく、枕ズレ落ち防止になります。また、ヘッドレスベッドだと、すぐ後ろが、壁。パネルヘッドがあれば、首から肩にかけての冷気から守ってくれます。

 

また、シンプルでスッキリしているので、背もたれの役割にもなります。さらに、合皮レザーのベッドだと、ヘッド内部に、ウレタン素材が入っており、ソファ感覚で、もたれられます。

 

パネル型ヘッドボード付きベッドには、ダブル・クイーン・キングと言った大型サイズが、多いのも特徴。

 

デザイン面では、ラグジュアリー、ゴージャスという表現が似合い、デザイナーズベッドなど、高級感を醸し出して、一生モノのおしゃれなベッドになります。

 

その反対に、リーズナブルな価格帯にもパネル型ベッドはあります!フロアベッド、レザーベッド、すのこベッド、アイアンベッドなど、お手頃価格。スッキリなヘッドボードなので、狭い部屋でもレイアウトがしやすいです。

 

また、部屋のスペースに余裕がある場合には、ちょっと、おしゃれに、ベッド横に、サイドテーブルを置いて、ホテルライクスタイルを楽しんじゃいましょう。

 

モダンデザイン 高級レザー・大型ベッド【Strom】シュトローム

 

パネル型ヘッド付ベッドのデメリット

欧米などの諸外国と違って、日本の住まいは、狭くて小さい。寝室のベッドの横に、サイドテーブルを置くスペースは、中々、難しい住宅事情。

 

初めての一人暮らしでは、ワンルーム・1K・1DKなどと言った、狭い間取りが、ほとんどで、一人用のベッドを置くにも、中々、余裕がありませんよね。

 

サイドテーブル、照明、コンセントが、ヘッドボードに、コンパクトに搭載されている、機能的なヘッドボード付きベッドを、選ばれる方が、多いと思います。

 

また、デメリットとしては、クイーン・キングと言った大型サイズ、デザイナーズもの、ラグジュアリー・高級感が漂う、パネル型ヘッドのベッドは、価格が、高い傾向です。