「ヘッドレスベッド」一覧

ヘッドレスベッド・カテゴリーの販売ページです。ヘッドレスとは、頭部の棚=ヘッドボードなどがないベッドです。ヘッドレスだと、お部屋のレイアウトに困らずに、ベッドを配置できる利点があります。

 

ホテル仕様デザインダブルクッションベッドクッション

 

ヘッドボードなどの障害物のないシンプルな形が、大きな魅力の省スペースのヘッドレスベッドです!

 

今まで、「入らないわ。。。」と、諦めていた狭いスペースなどにも。置く場所(スペース)を選ばないヘッドレスベッドは、ワンルームなどの一人暮らしの方におすすめです。

 

「ヘッドレスベッドって、いいの?」と、迷われていいませんか?

 

そこで、ヘッドレスベッドの特徴、さらに、ヘッドレスベッドのメリットとデメリットをご紹介します。

 

ヘッドレスベッドの特徴

ヘッドレスベッドの大きな特徴は、ベッドの頭側に、棚(ヘッドボード)が、付いていないベッドのこと。

 

形状的には、脚付き、または、収納の箱型フレームなどがあります。マットレスは、ベッド床板に、上に乗せるタイプとなります。棚(ヘッドボード)が、無い分、価格帯も安く、ヘッドレスベッドのほとんどが、シンプルデザインです。

 

シンプルがお好みの方、その逆に、シンプルなので、自分好みにコーディネートできるのも魅了です。また、ワンルーム・1Kなどの狭い部屋に、最適。ぴったりとおさまるので、人気です。

 

では、次に、ヘッドレスベッドのメリットとデメリットを、考えてみたいと思います。

 

総桐ヘッドレスすのこベッド【fiume】フィウーメ

 

ヘッドレスベッドのメリット

  • 寝室のレイアウトに困らない
  • ベッドコストが抑えられる
  • シンプルデザインでスッキリ印象

 

寝室のレイアウトに困らない

ヘッドレスベッドは、ワンルームなどの狭い部屋、狭いスペースなど、配置する場所・向きを選びません。障害物のないスクエア形状なので、寝室のレイアウトに困らず、自由にレイアウトが可能です。

 

ヘッドレスならでは、クイーン・キングといった大型サイズでも、タテ・ヨコどちらしても使えます。

 

また、ドアの開閉部分、部屋の梁などが邪魔して、ベッドが入らないなんて事に。。。そんな時でも、ヘッドレスベッドで、さらに、ショート丈&セミシングルといった、よりコンパクトサイズのベッドなら、大丈夫!それにより、自由スペースが確保できます。

 

また、ヘッドボード付き(棚付き)のベッドと比べると、約15cm~ほど、設置スペースが節約できます。

 

ヘッドレスベッド

 

ベッドコストが抑えられる

ヘッドレスベッドは、ヘッドボード(棚)の部材代がいらないので、その分、ベッドコストが抑えられ、価格も安いのです。

 

ヘッドレスベッドは、シンプルな造りが多く、天然木など素材に、こだわったベッドや、高品質なBOX構造の引出し付き収納ベッド。

 

また、高級ホテルの寝心地を追求したベッドなどがあります。品質に、こだわったヘッドレスは、価格的には、高め傾向ですが、できるだけ長く、使いたい方に、おすすめです。

 

シンプルデザインでスッキリ印象

ヘッドレスベッドは、シンプルデザインで、お部屋がスッキリとした印象に。スッキリとした印象そのままが素敵です。

 

また、シンプルなので、どんなインテリアともケンカせずに、部屋になじみます。ごちゃごちゃした部屋では、落ち着きません。

 

しかし、シンプルで、生活感がない部屋が、おしゃれとされる現代では、ヘッドレスベッドは、時代に合っているとも言えますね。

 

ヘッドレスベッド

 

ヘッドレスベッドのデメリット

  • 枕元に、物が置けない
  • 壁にくっつけないと不安定

 

枕元に、物が置けない

ヘッドレスベッドには、ヘッドボード(棚)がありませえん!いつも、メガネをかけている方は、寝る前には、メガネを枕元に置く方が多いと思います。また、スマホや読みかけのマンガ本・雑誌なども、枕元の周辺に置いておきたいもの。

 

しかし、ヘッドレスベッドの場合は、置く場所がありません。ワンルームなどの狭い部屋なら、ちょっと、テーブルを、ベッドの脇寄せて、そこに置くことができます。

 

ですが、一般的な寝室となると、ベッド横に、やはり、サイドテーブルが必要になると思います。

 

壁にくっつけないと不安定

ヘッドレスベッドを、壁一面、または、壁二面にくっつけて、配置する場合には、不安定感は、あまり感じないと思います。

 

でも、ヘッドボード(棚)がないヘッドレスベッドでは、ベッドに横になると、頭上には何もないので、不安に感じる方もいると思います。

 

また、寝相が悪いと、枕を落としたり、布団がズレ落ちたり、さらに、よく動く、小さなお子さんの場合は、ベッドから落ちないか気をつけないといけません。

 

気になる方は、ニトリやネット通販等で、ベッドガードが、数千円~で手に入るので、おすすめです。

 

壁につける場合は、あまり、壁に、ピッタリとくっつけるのは、風が通らず、湿気がこもりやすくなります。壁から10cmでも離して、ベッドを配置することで、安心です。