「ロングベッド」一覧

ロングベッドカテゴリーの販売ページです。長身の方・高身長の方用のベッドです。高身長用ベッドの長さは、210cmが多く、長いものであれば、220cmもあります。横幅も、シングルはもちろん、セミダブル、ダブルの広いサイズもあります。

 

ロングベッド

 

高身長に方に最適!ピッタリのロングベッド

日本人の平均身長は、男性では、167.3cm、女性では、154.2cm。この平均身長をみると、「そんなに高くない」と感じます。

 

通常ベッドの長さは、ほぼ、195cm。平均身長の方々なら、大丈夫な長さです。

 

でも、170cm以上の背の高い男性・女性に、とっては、通常のベッドサイズが合わない方も多いのでは・・・。そんな方のために、高身長用ベッドのロングベッドがおすすめです。

 

高身長用ベッドの長さは、210cmが多く、長いものであれば、220cmもあります。横幅も、シングルはもちろん、セミダブル、ダブルの広いサイズもあります。

 

ロングベッドのメリット

  • つらい寝姿勢にならない
  • 足がベッドから出ない
  • 窮屈な寝心地からの解放

 

つらい寝姿勢にならない

通常のベッドが、高身長の方の体に合わないと、仰向きになって寝るのが困難で、足や腰を曲げて、つらい姿勢で寝ることになります。

 

つらい姿勢だと、血行不良も起こる可能性も。また、寝起き時に、体や関節が痛かったりと、体を休める睡眠のはずが、しっかりと休めことができずに、つらいはずです。

 

高身長用のロングベッドだと、ベッド長さ210cmと、通常のベッドの長さより15cm長いので、つらい姿勢にならず、おもいっきり、足を伸ばせて、寝返りも打ちやすくなるはずです。

 

足がベッドから出ない

身長の高いがゆえに、当然ですが、ベッドから足が出る!ベッドから足が出ていると、安定感も悪く、ぐっすりと熟睡できない。

 

暑い夏場に、ベッドから足が出ても涼しいですが、冬場なら寒いし冷えます!すると、足腰を折って、くるまって寝ることが多くなり、これまた、つらい姿勢に。

 

その点、高身長用のロングベッドなら、足は出ません。オールシーズン、おもいっきり足を伸ばせて、快適に眠れます。

 

ロングベッド

 

窮屈な寝心地からの解放

ベッドから足が出たり、狭いので、腰や足を折ってのつらい姿勢、窮屈な寝心地から、高身長用のロングベッドが解放してくれます。

 

洋服で例えるなら、ピチピチの服を毎日、着ているようなもの。それは、窮屈で、心身ともに休めません。

 

ベッドも同じ。やはり自分の体型に合ったものが、ちゃんとした姿勢で、心も落ち着くし、ゆったりとベッドに体をあずけられ、ぐっすりと快眠できます。

 

ロングベッドのデメリット

  • 大きくて圧迫感がある
  • 高身長用の寝具が少ない
  • ベッド価格が高くなる

 

大きくて圧迫感がある

通常のベッドよりも、長さが15cmも長いので、その分、大きくなり、お部屋に、圧迫感が生まれて、狭く感じます。

 

高身長用の寝具が少ない

通常のマットレスの長さは、195cmですが、高身長用のベッドのマットレスは、長さが約206cmです。シーツ・ベッドパッド・布団類の寝具が少ない。数が、少ないので、自分好みの柄やデザインも少ないと言えます。

 

価格が高くなる

高身長用のロングベッドは、通常のベッドよりも、長いベッドなので、価格も高くなります。また、ベッド以外にも、高身長用のベッドのマットレスや布団・カバーなどの寝具類の価格も高くなります。