「家族・ 連結ファミリーベッド」一覧

家族・ 連結ファミリーベッド・カテゴリーページです。家族揃って、川の字寝るスタイルが人気です。家族が全員で、3~5人寝れるベッドです。将来的を見据えて、分割できるタイプ。大型サイズ、フレームを連結パーツで固定するタイプ等、多数取り揃えてます。

大型サイズのサイズ表記は、ワイドキング幅200cm(シングル×2)とか、ワイドサイズ240(ダブルとシングル)など、各サイズの組み合わせで、表されています。

 

▶ラトゥース:最大280cm!11サイズ、棚・1口コンセントの激安!フロアベッド

▶セイヴィサージュ:大型6サイズ、棚・2口コンセントの高さ調整頑丈すのこベッド

ファミリーベ:最大280cm!9サイズ、棚・2口コンセントの格安!フロアベッド

▶アントレ:最大280cm!11サイズ、棚・1口コンセントの格安!フロアベッド

▶バストル:最大280cm!7サイズ、レザー素材、ロータイプのフロアベッド

▶セラフィーナ:最大280cm!7サイズ、レザー素材、通気性抜群のすのこベッド

▶ヴィルヘルム:最大280cm!7サイズ、レザー素材、ロータイプのフロアベッド

▶コンフィアンサ:最大280cm!9サイズ、パネル型ヘッドの高級収納付きベッド

▶ウィスペンド:最大240cm!5サイズ、棚・2口コンセント&照明付きフロアベッド

▶クレセール:最大300cm!9サイズ、棚・2口コンセント&照明付ステージベッド

▶ユーガスタ:最大300cm!11サイズ、棚・2口コンセント&照明付すのこステージベッド

▶エラムス:最大240cm!4サイズ、ヘッドレスの脚付きマットレス一体型BOXシーツ付

▶ノイエ:最大280cm!13サイズ、棚・照明付、国産・ロータイプのフロアベッド

▶トナリネ:最大280cm!13サイズ、棚・1口コンセント&照明付、国産フロアベッド

▶セドリック:最大300cm!大型7サイズ、棚・1口コンセント&照明付、引出し収納ベッド

▶リーフェ:最大240cm!6サイズ、棚・1口コンセント&照明付、Box構造引出し収納ベッド

 

ベッドの大きさ・寸法表

セミシングル 幅80~85cm×195cm
シングル 幅90~100cm×195cm
セミダブル 幅120cm×195cm
ダブル 幅140cm×195cm
クイーン 幅160~180cm×195cm
キング 幅180~200cm×195cm

ファミリーベッド

 

ファミリー向けベッド場合は、ワイドキング幅200cm(シングル×2)とか、ワイドサイズ240(ダブルとシングル)など、各サイズの組み合わせでサイズ表記されています。

 

また、長さは、ほとんど195cmですが、約10cmほど長いロングサイズベッドもございます。

 

ワイドレザーフロアベッド【Serafiina】セラフィーナ

 

小さなお子さんのいるご家庭では、マットレスのすき間にご注意を!

家族向きの連結ベッドを選ぶ際に、小さなお子さんがいらしゃる場合には、ベッド構造を確認することをおすすめします。

 

低いロースタイルベッドは、スタイリッシュでモダンな雰囲気で、お部屋も広く感じさせます。ロースタイルのベッドには、脚付きのローベッド、箱柄フレームのフロアベッドがあります。

 

その箱型フレームのフロアベッドが、口コミやレビュー等で、箱型フレームの構造に関して、例えば、5段階評価で、3に減点されているのです。

 

なにが原因かというと、箱型フレームで、マットレスを落とし込むタイプだと、ベッドフレームとマットレスの間に、溝=すき間ができます。

 

↓ベッドフレームとマットレスとのすき間

マットレスのすき間

 

この溝の隙間に、幼児・園児など小さなお子さんが、足を挟んでこけてしまうとか、手を挟んでしまうなど、危険を誘発する可能性があります。

 

幼児・園児など小さなお子さんが、いらしゃるご家庭で、家族向きの連結ファミリーベッドの購入をお考えなら、ベッドフレームに、マットレスを上乗せタイプのものがおすすめです。

 

「その箱型タイプの連結ベッド、買っちゃたけど?」

 

そういうご家庭の方が、いらしゃいましたら、まず危険を回避するためにも、隙間に、タオルなどで、塞いでフラットにしてください。

 

小さなお子様の行動は、予測不能ですから用心に越したことはありません。しかし、箱型フレームが、全部、悪いというわけでもありません。

 

というのも、箱型フレームのフロアベッドは、マットレス上乗せタイプよりも、価格帯が、かなり安い傾向のものが多いのです。

 

また、ロータイプのベッドは、目線が低くなるので、圧迫感がなく開放的で、お部屋が広々とした空間にしてくれるメリットがあります。

 

さらに、メーカー側もフロアベッドのすき間を安全にするために、フレームにレザー素材を使い、その内側には弾力性のあるウレタン素材に。これによって、ぶつかっても痛くない仕様のベッドも開発されています。

 

ファミリーベッド選びでは、お子さんの安全も兼ねた品質、ご予算、寝心地など、総合的に判断して、ご自分のご家庭に合ったものをお買い求め下さい。