おしゃれベッドお買い得、新生活応援特集!

おしゃれベッド春の新生活応援、お買い得特集!

 

おしゃれベッドお買い得、新生活応援特集!

進学、新社会人として、一人暮らしをはじめる方も多い。ワンルームなどで、初めての一人暮らし、必要な家具で、一番、大きいのがベッドです。

 

そこで、新生活応援☆一人暮らしの方に、おすすめのおしゃれベッドを厳選。部屋のレイアウトに合せて、好みのデザイン、収納付きの実用性など、好みのベッドをお選び下さい。

 

フロアベッド!お買い得おすすめ新生活応援

マットレスセット:2万円以下があるフロアベッド

マットレスセット:3万~4万円以下があるフロアベッド

ローベッド!お買い得おすすめ新生活応援

すのこベッド!お買い得おすすめ新生活応援

パイプベッド!お買い得おすすめ新生活応援

メッシュ床で通気性抜群!リーズナブル価格も大きな魅力です。

引出し収納ベッド(引出し2杯)!お買い得おすすめ新生活応援

跳ね上げ式収納ベッド!お買い得おすすめ新生活応援

チェストベッド!お買い得おすすめ新生活応援

マットレス!お買い得おすすめ新生活応援

  • ポケットコイルマットレス高密度/ニット生地/体圧分散【1年保証】

    ポケットコイルマットレス優れた体圧分散で包み込まれるような寝心地!ロール梱包&即日出荷
    価格(税込)~

  • ボンネルコイルマットレス高密度/ニット生地/通気性【1年保証】

    ボンネルコイルマットレスしっかりした弾力で身体を支えて寝心地抜群!ロール梱包&即日出荷
    価格(税込)~

  • フィットスリーパー理想の寝姿勢サポートボンネル・ポケットマットレス

    フィットスリーパー格安!ボンネルコイルマットレス、ポケットコイルマットレス即日出荷♪
    価格(税込)~

  • 高反発マットレス 高耐久性 PAD9 『エイプマンパッド』

    高耐久性PAD9厚み9cmしっかりの反発力で寝心地抜群!お手頃価格の高反発マットレス
    価格(税込)~

  • 高反発マットレス 高耐久性 310 『エイプマンパッド』

    高耐久性310厚み10cmで、しっかりとした寝心地抜群の三つ折り高反発マットレス
    価格(税込)~

  • 高反発マットレス 高耐久性307 『エイプマンパッド』

    高耐久性307厚み7cm!万人向けで、寝心地は、抜群!三つ折り高反発マットレス
    価格(税込)~

脚付きマットレス!お買い得おすすめ新生活応援

 

若者たち

 

一人暮らしする社会人のベッド選びで、後悔しないコツ!

一人暮らしをはじめる新社会人、すでに、一人暮らし社会人の達人も、ベッド選びする際には、「買わなきゃよかった・・・」と、後で、後悔は、したくないですよね。

 

そこで、一人暮らし社会人のベッド選びのコツを考えてみたいと思います。

 

  • 部屋の広さに、合ったベッドか?
  • 自分の体型に見合ったベッドか?
  • 激安ベッドに、すぐ飛びつかない
  • ベッド配置のシュミレーション
  • シーツ替えやメンテナンスのしやすさ

 

部屋の広さに、合ったベッドか?

部屋が、6畳以上では、シングルサイズのベッドなら置けます。6畳未満であれば、セミシングルサイズ、ショート丈のコンパクトベッドが良いでしょう。

 

8畳以上の部屋であれば、セミダブルサイズのベッドが、置けます。また、贅沢な大人の一人暮らしで、部屋が12畳以上ならば、ダブルサイズのベッドが置けます。

 

さらに、高収入なセレブリティの一人暮らしで、16畳以上の部屋であれば、クイーン、キングといった、大型サイズも置けちゃいます。

 

ゆえに、極端ですが、6畳の部屋なのに、クイーンサイズのベッドを、配置すると、生活動線が奪われ、身動き取れなくなり、窮屈を強いられることになります。

 

一人暮らし、社会人の部屋で、一番、多い間取りは、6畳以上ではないでしょうか?

 

部屋の広さが、6畳以上は、工夫がしやすい間取りで、フリースペースが欲しければ、折りたたみベッドなら折りたたんで部屋の隅にしまえば、スペースが取れます。

 

また、ソファベッドもその類で、夜には、ベッドとして使い、お昼間は、ソファとして。ソファ分のスペースだけで良いので、これもフリースペース確保を担えます。

 

さらに、天井が極端に、低い部屋では無理ですが、ロータイプのロフトベッドなら、ベッドは、上に。ベッド下に、ソファとテーブルで、くつろぎスペース。

 

机と椅子で、勉強部屋・ワークスペースに、ハンガーラックなどで、収納のためのクローゼットが作れます。

 

ロフトベッド
ベッド下有効活用可能なロフトベッド

 

自分の体型に見合ったベッドか?

重い体重で、大柄体型の男性が、ショート丈(約180cm)のセミシングル(約80-90cm)で、寝るとって、寝られるかっ💢ですよね。

 

白雪姫が、小人のベッドに寝かされているようなもの(笑)

 

普通の体型の方は、シングルサイズが、一般的で、ベッド選びは問題ないと思います。しかし、世の中は、人それぞれに、顔が違うように、体型だって、違います。

 

シングルサイズベッドの横幅は、約98cmで、長さは、195cm。ベッドあるあるで、どのサイズも長さは、195cmです。

 

男性では、背の高い高身長の方、女性では、背が低く小柄な体型の方、また、男女ともに、重い体重で、大柄体型の方がいます。

 

この方々が、一般的なシングルサイズのベッドでは、違和感を感じるはず。高身長の方は、いつも、くの字の体勢で、ベッドから足が出る。

 

小柄な方は、身体的には不自由はないけど、「こんなに広くなくてもいいのに・・・」と言う気持ちに。

 

大柄体型の方は、狭く窮屈感を感じつつも、惰性で、ベッドを使い続けるでしょう。

 

すると、早ければ数ヶ月、数年後に、ベッドの品質、部屋環境、生活習慣にもよりますが、ギイギイときしみ音がするようになり、たわみ始めます。

 

あげくの果てには、ベッドの底が抜けた、フレームが裂けたなど、悲惨な事になる可能性があります。高身長の方は、不自然な姿勢で、睡眠がちゃんと取れていない可能性が。

 

体重が重く、大柄体型の方には、耐荷重が高い(一般的なベッド耐荷重100kg~150kg)多いのが、耐荷重500~600kgの頑丈設計なベッドがおすすめです。

 

一般的なベッドの耐荷重と比較すると、こんなにも必要ないよねといつも思うんですが(笑)でも、裸の大将で、寝るわけではありません。

 

特に、シングルで、約18kgのマットレスに加え、冬場になると、遠赤外線の敷きパッドに、寒い時期用の毛布に、掛け布団、枚数も増えるかもしれません。

 

体重に、これらの寝具類の重さも、プラスされる訳です。やはり、耐荷重500~600kgの頑丈設計ベッドなら安心で、快適に過ごせます。

 

小柄な体型の方は、体型に合った、ショート丈ベッド(長さ180cm)であれば、部屋のフリースペースが、多くとれたかもしれません。

 

背の高い、高身長の方ならロングベッド(200~210cm)ならば、仰向けで寝ても、ベッドから足が出ないし、横向きでも、くの字にしなくても、足を伸ばせたままで、快適な睡眠がとれます。

 

洋服と同じで、体に合っていないものを身につけると、快適ではない、ベッドも同じなんです。

 

ピチピチの福

 

激安ベッドに、すぐ飛びつかない

初めての一人暮らしをはじめる方は、できるだけ、出費は控えて、お金は、使いたくない。そこで、ベッドも「激安 ベッド」と検索して探されると思います。

 

激安ベッドであっても、販売当初は、高額の高品質のものが、セールで安くなっている場合とか、あと訳あり品。ちょっとフレーム裏に、傷がついているだけで、半額にとか。

 

こういう場合でも、ちゃんと安くなっている理由さえ確認できれば、購入しても良いと思います。

 

高額=高品質、これは正解!物は、品質に見合った価格を設定されているはずです。激安という事は、高品質は、期待できないということです。

 

「数年後には、引越しするから」「転勤とかあって、引越しする事になるから」など、品質にはこだわらない、安さ重視で良いという方には、激安ベッドで良いと思います。

 

理想は、安くて、高品質!でも、現実的に、激安に高品質は、望めません。激安ベッドを、買ったけど、すぐ壊れて、買い直した。

 

このような、「安物買いの銭失い」にならないように、激安ベッドに、すぐ飛びつかないで、じっくり、検討しからの購入をおすすめします。

 

失敗した

 

ベッド配置のシュミレーション

大きい家具ほど、実寸を把握して、置きたい場所に、ちゃんと置けるかの確認は、大事です!

 

商品説明、商品スペック等で、寸法が記載されています。一人暮らしする部屋に、実際に、メジャーで測って、マスキングテープなどで、印を付けて、ベッド配置のシュミレーションしてみしょう。

 

また、配送してもらったけど、賃貸マンションやアパートの場合、エレベーター、階段、玄関、廊下など、「運べない~」って事のないように、搬入経路の確認も必要です。

 

よく引越しであるのが、玄関から入れなくて、クレーンで、2階のベランダから入れたなんて、聞きますよね。予期せぬ出来事ですが、クレーンの費用が、かかってきます。

 

ベッドの場合は、フレームは、いくつかの梱包に分かれていますが、大きなマットレス。スプリング入りのマットレスですから、曲げるってことができません。

 

しかし、マットレスも、最近では、圧縮梱包になり、持ち帰れる大きさに、変わってきています。

 

ですが、マットレスの有名メーカーの厚みのあるマットレスは、そのままで、配送になるので、マットレスは、注意が必要です。

 

ロール梱包のマットレス
ロール梱包のマットレスで搬入しやすい

 

シーツ替えやメンテナンスのしやすさ

一人暮らしの社会人、昼間は、会社で仕事。一日、働いて、疲れた体で、帰宅の繰り返し。

 

ベッドのリネン類、シーツ、枕カバー、掛け布団カバー替えなどの洗濯、布団干しなどは、休日にまとめてする方が多いのでは?

 

「シーツやカバーはどれぐらいの頻度で洗濯しますか?」という質問で、答えが一番多かったのは、週に1回、この答えに、なぜか、安心しちゃいます。

 

外で働いている方には、とにかく忙しく、時間に追われています。シーツ替え、洗濯、布団干しなどは、普段の日には、中々できないこと。

 

ベッド、マットレス購入時には、シーツ替えしやすい構造であるかも、大事。シーツ替えに時間を取られるような構造だと、つい、今度、やろう!になりがち。

 

マットレスは、特に、敷き布団のように、手軽に、天日干しできません。そこで、定期的なマットレスのメンテナンスが必要になります。

 

価格の安さ、ベッドのデザインの見栄えばかりに、気を取られてしまいがちですが、シーツ替えやメンテナンスのしやすさは、毎度のことなので、ベッド購入の判断基準に入れておくことは、ベターです。

 

シーツ干し

 

一人暮らしの社会人ベッド選びポイント5つ!

一人暮らしの社会人に、これから一人暮らしをはじめる新社会人に、ベッドおすすめのポイント5つ!

 

  • 出費を抑えたい!とにかく安いベッド
  • 引越ししやすい!引越し対応ベッド
  • 収納スペースが欲しい!収納付きベッド
  • 圧迫感ない!部屋を広く感じられるベッド
  • インテリアに合うおしゃれなベッド

 

出費を抑えたい!とにかく安いベッド

これから一人暮らしをはじめる新社会人の方、独身の一人暮らし、将来に向けて、節約に励んでいる方は、ベッドの出費は、できるだけ抑えたい。

 

当然、とにかく安いベッドになると思います。ですが、前述通り、安いベッドには、高品質は、期待できませんが、一回、寝ただけで壊れるものでもありません。

 

また、これから一人暮らしをはじめる新社会人の方は、就職は決まっていても、配属先などは未定。サラリーマンで、独身なら、数年後に転勤も珍しくないと思います。

 

今は、ベッドへの出費を抑えた、とにかく安いベッドが希望というのも解ります。ライフスタイルが、未定の時期とでもいいましょうか?

 

大人一人暮らしの達人なら、とりあえず現在は、安定期ってお産みたいですが(笑)ベッド選びでは、たぶん、多少割高であっても、高品質ベッドを希望されると思います。

 

安いベッドでおすすめは、フロアベッド、すのこベッド。安くても収納が欲しいなら、一般的な引出し収納ベッド(ベッド下2杯の引出し)。

 

フロアベッドならフレームとマットレスセット2万円以下3万円以下となると、さらに、デザインも増えて選択肢も多い。

 

すのこベッドでも、ヘッドレスで、1万円以下で購入できるベッドもありますが、フレームは、1万円未満でもマットレスを別に、購入しないといけないと、「えぇ~安くな~ぃ」って事になるので、気をつけて!

 

自分で用意したマットレスがあるなら、1万円以下のフレームなら「ヨッシャ~!」となるでしょう。でも、とにかく、節約したいのら、マットレスでも、布団も使えます!のベッドを探すこと。

 

一般的な引出し収納ベッドなら、跳ね上げ式収納ベッド、高品質な引出しのチェストベッドの半分ぐらいの金額で、購入できます。

 

また、スチール素材のパイプベッドも、比較的、リーズナブルな価格でおすすめ。安さだけではなく、フロアベッドは、部材が、少なく組立が簡単。また、ヘッドレスすのこベッドもパイプベッドも組立が簡単。

 

組立が簡単!は、もし、引越す場合になると、自分でバラして、引越し先で、再び、自分で組立ることができるので、特に、新社会人の方には、ぴったりのベッドです。

 

引越ししやすい!引越し対応ベッド

出費を抑えたい!とにかく安いベッドの続きにもなりますが、これから一人暮らしをはじめる新社会人は、特に、数年後には、もしかしたら、転勤の辞令がおりて、引越すこともありえる。

 

また、就職はしたけれども、あまり自分には合っていない仕事、そんな時に、大学時代の友人から、新たな会社を立ち上げるのを手伝って欲しいと言われ、退職して、新天地で、新たな出発。

 

こういう時期には、いつでも、引越しできるように、準備をしておくのも良いでしょう。先々の事は、解りませんが、ベッド購入時には、引越しやすいベッドを選ぶ事も大事になります。

 

例えば、組立が簡単なベッド。バラして、荷物にして引越し業者に頼んで、引越し先で、再び、組み立てることができるベッドが良いですね。

 

布団対応・頑丈ヘッドレスすのこベッド【NOTHUCO】ノツコ

 

収納スペースが欲しい!収納付きベッド

これから一人暮らしをはじめる新社会人の方は、狭いワンルーム・1Kなどで、収納スペースが欲しいはずです。

 

狭い間取りでは、収納は、あるに越したことがないと思います。収納付きベッドは、ベッド面積だけで、ベッドと収納スペースが手に入ります。

 

高品質の収納付きベッドでは、季節モノなどの家電、家具など頻繁に出し入れしない物が多い方は、ガス圧跳ね上げ式収納付きベッドがおすすめ。

 

頻繁に出し入れする物が、多い方には、高品質Box構造の引出し付きのチェストベッドが、おすすめです。

 

また、チェストベッドは、引出しの反対側(ベッド半分)も、フリースペースで、長物スペースとして使えます。

 

収納付きベッドが、欲しいけど、高品質の収納付きベッドを買うほど、お金に余裕がない!そんな方には、ベッド下2杯の引出し収納付きベッドがおすすめ。

 

跳ね上げ式収納付きベッド、チェストベッドの価格の半分で、購入できるのが、大きな魅力。また、収納ベッドの中では、ベッド高さが抑えられます。

 

さらに、収納付きベッドでなくても、すのこベッドなどの脚付きベッドならば、ベッド下に大きな空間があるので、デッドスペース。

 

これは、使わないと損!ベッド下を、有効活用できます。ベッド下に、衣装ケースなどが、収納できますが、あまり、ギュウギュウに詰込み過ぎないこと。

 

ベッド下に、スペースがあることで、布団・マットレスにこもった湿気を逃がしてくれる場所でもあります。また、ホコリも溜まりやすい場所なので、掃除は、マメに行いましょう。

 

圧迫感ない!部屋を広く感じられるベッド

ベッドで、高さがあると、部屋が狭いと、特に、圧迫感を与えます。ワンルーム・1Kなどの間取りでは、低い家具を並べて配置することで、圧迫感を抑えられます。

 

ベッドもロースタイルが人気。ロースタイルベッドの代表としては、フロアベッド、ローベッドになり、部屋を広く見せてくれます。

 

フロアベッドは、部材が少ないので、リーズナブルな価格帯が多く、おしゃれで、モダンな雰囲気にしてくれます。

 

ローベッドは、短い脚付きベッドで、低いロースタイル、北欧の天然木を使用したすのこ仕様のローベッドが、とても、おしゃれ。

 

また、ステージタイプベッドでもあり、フレームよりも小さなサイズのマットレスを選ぶと、ステージレイアウトにあり、ベッドサイドに、ステージができ、サイドテーブル代わりにできます。

 

もちろん、ベッドフレームに、ぴったりのマットレスサイズも選べ、フルレイアウトになります。

 

ローベッドは、すのこ仕様なので、通気性抜群で、湿気は心配ありません。ですが、フロアベッドは、箱型フレームで、湿気を逃がせません。

 

ですが、ここ最近のフロアベッドは、その湿気を逃がせないデメリットを回避するのに、床板にすのこ仕様、または、すき間を開けた仕様が、増えてきています。

 

部材が少なく、組立は、プラスドライバー1本で簡単で、引越し対応のベッドになるので、おすすめです。

 

モダンデザインレザーフロアベッド

 

大人!社会人一人暮らしのベッド選び

一人暮らしのプロ、大人の社会人では、一人暮らしをはじめる新社会人とは、ベッド選びも違うと思います。

 

女性では、「結婚したくない」「楽だから」など、男性では、「出会いがない」「収入が不安定」「家族も養う不安」など、結婚しない人が増えています。

 

実家で、暮らしている人もいますが、親や親戚などからの「結婚しないの?」と、急きたてられ、一人暮らしする方も多いと思います。

 

女性の意見にあった「楽だから」この楽だからは、収入は少なくても、誰にも束縛されない、大人社会人の一人暮らしは、快適なんですよね。

 

自由であると、心にも、ゆとりが生まれ、一人暮らし歴も長くなると、物の見極め方も、自ずと解ってきます。

 

医療費もバカにならない、この時代、健康でないと、生活していけません。そのために、体をメンテナンスしてくれる睡眠は、大事。

 

例えば、新社会人よりは、生活も安定、今までの経験もある、大人社会人、お金のかけ方も変わるはず。ベッド、布団などの寝具類に、高品質を求める選び方になるのではないでしょうか?

 

人それぞれに、価値観も違いますが、大人社会人の一人暮らし、ベッド選びポイント3つ!

 

  • 寝心地重視で高品質マットレス
  • 好みデザインで幸せオーラ倍増
  • 高品質ベッドでより大事にする

 

大人の男性と女性

 

寝心地重視で高品質マットレス

しっかりした睡眠を得るには、自分の寝心地に合ったマットレスが一番、若干、割高になっても選びましょう。若い頃は、どこでも寝れたのに、中高年になると、寝るエネルギーも衰えてきます。

 

浅眠だったり、不眠気味だったり。寝不足だと、気分も落ちちゃいます。そこで、大人の社会人には、ちょっと割高になっても、高品質のマットレスをおすすめします。

 

有名マットレスメーカーのシーリー、サータなどのマットレス憧れます。でも、高品質マットレスおすすめと言っても、何十万もするマットレスは、買えない。

 

大手家具店のニトリでは、シーリーとのコラボマットレスも上々。本家のシーリーマットレスと同じ品質でも、5万円以内で購入できるものもあります。

 

また、日本製のマットレスメーカーのフランスベッドでも、体圧分散に優れ、沈み込み過ぎず、通気性・耐久性に優れたマットレスもあります。

 

フランスベッド端までしっかり寝られる純国産マットレスプロ・ウォール

 

好みデザインで幸せオーラ倍増

一人暮らしの部屋に、好みのデザイン、統一しているインテリアにぴったりのベッドが、あると、心ウキウキで、幸せな気分になると思います。

 

毎晩、眠るのが、楽しみになるベッド。幸せな気分で、穏やかな気持ちになり、リラックスして、入眠しやすくなるはずです。

 

ぐっすり眠れると、それだけでも、嬉しくなります。毎日、コンディションがいいと、仕事もプライベートも充実。幸せなオーラも出まくりで、素敵な出会いも訪れます。

 

若者たち

 

高品質ベッドでより大事にする

高品質ベッド、マットレスは、激安プライスではないはず。狙い目のベッド、マットレスが、セールなら購入すべし。

 

一般的には、高品質ならば、ある程度の金額が、必要になります。人によって、高額っていくらからって言うのもさまざまでしょう。

 

でも、すごく気に入って、高額で購入したものは、より長く、大事に使おうと思います。定期的なマットレスメンテナンスも確実に。

 

ホコリが溜まりやすい、ベッド周りの掃除もマメにするでしょう。それによって、長く使えば、使うほどに、コスパも高くなります。