子供部屋にぴったりのおすすめベッド特集!

子供部屋にぴったりのおすすめベッド特集!

 

お子様の成長は、本当に、早い!

 

お布団・ファミリーベッドで、川の字で、お子さんを挟んで寝ていたけれども、お子様が、小学校へ入学する年齢になり、子供部屋へ移る時期には、「子供用のベッド、どれを選べばいいの?」

 

お子様が、一人っ子の場合、兄弟や姉妹がいる場合、それぞれに、ベッド選びも変わるし、出費も変わってきますよね。

 

兄弟・姉妹がいる場合なら、2段ベッドがおすすめ。お子様の成長に合わせて、分割できる2段ベッドが多いのです。

 

子供部屋にぴったりのおすすめベッド特集!

頑丈設計だから、分割式の2段ベッド、ロフトベッドは、長く使えます!

  • 棚・コンセント付き システムロフトベッド【inity】アイニティ

    【アイニティ】
    価格(税込)~

  • クイーンサイズにもなる2段ベッド【Whenwill】ウェンウィル

    【ウェンウィル】
    価格(税込)~

  • 子どもが喜ぶ・棚・コンセント付ロータイプ二段ベッド【myspa】マイスペ

    【マイスペ】
    価格(税込)~

  • 棚・コンセント付きアカシア材二段ベッド【Redondo】レドンド

    【レドンド】
    価格(税込)~

  • ダブルサイズになる・添い寝ができる二段ベッド【kinion】キニオン

    【キニオン】
    価格(税込)~

  • 耐震・棚・照明付 すのこ2段ベッド『Awase-アウェース-』

    【アウェース】
    価格(税込)~

  • 棚・コンセント付天然木ミドルロフトベッド【Natre】ナトレ

    【ナトレ】
    価格(税込)~

  • ロフトベッド 天然木宮付きデザイン【pajarito】パハリート

    【パハリート】
    価格(税込)~

可愛いショート丈の収納ベッド、脚付きマットレス、ローベッド、姫系ベッド!

  • 棚・コンセント付き収納ベッドショート丈【Caterina】カテリーナ

    【カテリーナ】
    価格(税込)~

  • ショート丈棚・コンセント付きフロアベッド【Aliyah】 アリーヤ

    【アリーヤ】
    価格(税込)~

  • 国産・花柄照明 引き出し付き収納ベッド『ohana』オハナ

    【オハナ】
    価格(税込)~

  • 棚・コンセント付き 収納ベッド 【Fleur】フルール

    【フルール】
    価格(税込)~

  • ショート丈棚・コンセント付き収納ベッド【Paola】パオラ

    【パオラ】
    価格(税込)~

  • 新・移動ラクラク!分割式・脚付きマットレスベッド

    【脚付きマットレス】
    価格(税込)~

  • 小さな部屋に合うショート丈収納ベッド【Odette】オデット

    【オデット】
    価格(税込)~

  • ショート丈・北欧デザインローベッド【Niels】ニエル

    【ニエル】
    価格(税込)~

  • 棚・コンセント付・照明付カントリー調姫系ベッド『エトワール』

    【エトワール】
    価格(税込)~

子供用ベッドの選び方とは?できるだけ長~く使いたい!

お子様の成長は、小学校・中学校・高校等、進学するたびに、身体も成長します!

 

買ったのに、すぐに、ベッドサイズが合わなくなる可能性もあります。でも、ベッドの買い替えは、できるだけ控えたいし、できることなら、大学生になっても使えるベッドであってほしい!

 

それが、お父さん、お母さんの正直な願いではないでしょうか?そこで、長く使わせたい!を叶える☆子供用ベッドの選び方ポイント3つをご紹介します。

  1. シンプルなデザイン
  2. 安心・安全な頑丈設計
  3. 収納スペースがあるもの

 

こどもたち

 

1.シンプルなデザイン

お子様のベッドを選ぶには、シンプルデザイン。長~く、できれば、大学生時代まで使えるのを希望するなら、飽きのこないシンプルが一番です。

 

お子様が、小さい時期には、可愛いベッド、キャラものを欲しがるものだと思います。

 

そういう時期は、ベッドは、シンプルデザインを選んで、ベッドカバーなどのリネン類で、可愛くコーディネートしてあげると、喜ぶし楽しめます。

 

お子さんの幼い時期は、元気なのでよく動きます。寝返りや寝相が悪くて、ベッドからお布団がズレ落ちてしまうこともあると思います。

 

そういう時には、ベッドガードを付けてあげると、ベッドからの転落防止と布団ズレも防止してくれますよ。

 

ベッドカバー

 

2.安心・安全な頑丈設計

耐久性に優れた、人にやさしい(お子様・お母さん)安心・安全設計のベッドを選びましょう。

 

優れた耐久性と、安心・安全設計のベッドとなると、価格帯の傾向は、高くなります。

 

しかし、大学まで使えるとなると、16年。長く使えば使うほど、コスパが良くなり、元がとれたり、安く購入できたことになるかもしれません。

 

ベッドとマットレスの品質を維持するには、ベッド・マットレスのメンテナンスが大事!

 

お母さんが、お子さんが、大きくなった時に、メンテナンスしやすいベッド・マットレスを選びましょう。

 

3.収納スペースがあるもの

お子様が、小学校に入学すると、子供部屋には、勉強机に、椅子、本棚などなど、荷物が、増える一方です。

 

増えるたびに、チェストや収納ケースを購入していくと、子供部屋は、どんどん狭くなりますよね。

 

なので、省スペースな収納スペースが欲しい!そこで、おすすめなのが、ベッド下が収納スペースになっているベッドです。

 

また、ベッド下が空いているもの、さらに、高さ調整できて、スペースを確保できるベッドなら、お手持ちの収納ケースが、ベッド下に収納できます。

 

棚・コンセント付き 収納ベッド ショート丈【Fleur】フルール引出し