ベッドフレーム選びも大事!

ベッドルーム

 

ベッドを選ぶときに心地の良さからマットレスをメインに考えてしまいがちですが、ベッドのフレームに目を向けることも大事です!

 

フレームは快適な睡眠を保つためベッドを支えるためのものですが、同時にフレームには、耐久性・通気性・利便性があります。その中から、どれを優先するかで、快適な睡眠に影響します。

 

ベッドフレームには、大別すると脚付きのノーマルなタイプ、収納ができる箱型タイプ、小物や衣類が収納できる引出付タイプ、ダブルクッションのための台輪タイプの4タイプがあります。

 

ネットメーカー各社は、これらのタイプにそれぞれオリジナルのブランド名を付けて販売しています。

 

脚付きノーマルタイプ

脚付ノーマルタイプ
脚付きのノーマルタイプは、通気性があり、高温多湿の気候の日本では、睡眠による汗の湿気を回避することができることから、一般に多く普及しているタイプです。

 

ただし、ベッドの下に、ホコリがたまりやすいという面もあります。そのため、最近では、お掃除ロボットが入る床下スペースを確保するなどの対応をしています。

 

箱型タイプ

箱型タイプ
利便性を優先する箱型収納タイプは、床面接地によりホコリの侵入を防ぐことができ、内部スペースには、季節ものの寝具や長物を収納できるという利点があります。

 

しかし、箱型タイプも引出しタイプも、ベッド下が風を通さない構造なので、購入の際には、除湿シートなどをおすすめしています。また、定期的に、収納スペースに、風を通すことで、湿気対策になるのでおすすめです。

 

引き出しタイプ

引出しタイプ
引き出し付きタイプは、オープン引き出しが2杯ついていて、引き出し奥にスペースを設けているものもありますが、引き出しには衣類や小物を、奥スペースには、長物を収納できるという利便性があります。

 

また、引き出しはベッドの置き方により左右どちらでも組み立てることができるようになっています。このタイプの床面接地のため、ホコリの侵入も防止できます。

 

しかし、箱型収納タイプ、引き出し付きタイプでは、通気性の点で難があると言えます。そのため、換気などについて注意が必要です。

 

ダブルクッション型

ダブルクッション型
ダブルクッションの台輪タイプは、安定性が良く、ダブルクッションによる快適で高い寝心地が得られるとされてます。そのため、一流ホテルではこのタイプが多く使われています。

 

またダブルクッションは、耐久性に優れています。マットレスにかかる衝撃過重をダブルクッションが分散し、緩和するために寝心地をより永く保持することができます。

 

ただし、脚が台輪のため、ベッド下にはほこりがたまりやすく、こまめな掃除が必要です。このタイプも、最近では、やはりお掃除ロボットが入る床下スペースを確保するようになっているようです。

 

このように、ベッドフレームには、利便性・通気性・耐久性というそれぞれの利点があります。快適な寝心地のために、ベットを選ぶ際には、ベッドのマットレスだけではなく、フレームについても目を向けることが大事です。

 

寝室

 

ベッドフレームのカラーは、床板の色合いに合わせると、おしゃれな寝室に!

マンションやアパートでは、フローリングの洋室が、ほとんどで、壁は、白壁が多いように思います。

 

木目のフローリングですが、色合いは、様々。お部屋をコーディネートするのに、床板の色合いと、相性のいいカラーは、知っておきたい!

 

そこで、床板の色合いには、どんなフレームカラーが似合うのか?を、考えてみたいと思います。

 

木目の床板では、木そのものや大地をイメージさせるアースカラー。白い壁の住居に、茶系の床板は、あたたかみのある雰囲気で、安心感や落ち着いのある印象を与えてくれます。

 

では、床板の色合い3タイプ、濃いダークブラウン、中間のブラウン、明るい色合いのナチュラルに、合うベッドフレームカラーを選んでみます。

 

  • ダークブラウンの床に合うベッドカラー
  • ブラウンの床に合うベッドカラー
  • ナチュラルの床に合うベッドカラー

 

ダークブラウンの床に合うベッドカラー

ダークブラウンの床板

 

床板の色合いの中でも、一番、濃いダークブラウンは、床板カラーの茶系の中でも、さらに、落ち着いた印象を与えます。

 

ダークブラウンの床板に、おすすめのフレームカラーは、ブラウン、ウォールナットブラウン、ナチュラルで、グラデーション効果によって、おしゃれに演出できます。

 

部屋が狭い場合は、床板と同色のダークブラウンのベッドフレームを選ぶと、同化して、広く見せてくれ、また、ホワイトのベッドフレームで、白壁ならば、壁に同化して、部屋を広く見せて、明るい印象にしてくれます。

 

ブラックのベッドフレームもおすすめですが、重くなり過ぎて、暗い印象にならないように、明るいファブリックなどで、遊び心をプラスしましょう。

 

ダークブラウン床板に、おすすめベッド

ヴィンテージ風レザー大型ローベッドOldLeatherオールドレザー

 

ダークブラウンの床板を活かすには、ユーズド感・ヴィンテージ風といったデザインベッドがピッタリで、特に男性におすすめ。重厚感、高級感を、漂わせます。

 

また、このオールドレザーのように、異素材のレザー、スチール素材のベッドを、組み合わせることで、モダンな雰囲気でおしゃれな寝室になります。

 

さらに、アジアンスタイルのアバカ素材を使ったベッドフレーム、和モダンのイ草を使った畳ベッドも、自然なものを活かしているので、落ち着きのあるダークブラウンに、似合います。

 

アバカベッドと畳ベッド

 

ブラウンの床に合うベッドカラー

ブラウンの床板

 

床板のブラウンは、一般的ですが、使い勝手いい色合い。どんなカラーのベッドフレームでも、受け入れてくれる印象があります。

 

ダークブラウン、ウォールナットブラウン、ナチュラル、ブラック、ホワイトのベッドレームたち、なんでもこい!って感じがします。

 

同色のブラウンのベッドレームも、いいんですが、違う色合いが選べるのなら、ワントーン暗い、または、明るいカラーを選んで、グラデーションにすれば、おしゃれになります。

 

ブラウン床板に、おすすめベッド

北欧ヴィンテージ棚付・収納ベッド【Equinox】イクイノックス

 

ブラウンの床板には、北欧デザインベッドが、よく似合います!自然な木を活かした、あたたかみのある木目が、ブラウンの床板に、しっくりします。

 

ユーズド感、カントリースタイルのベッドも、さらに、落ち着きも増して、よりリラックスできる、癒しのおしゃれな寝室になります。

 

ユーズド・カントリースタイルベッド

 

ナチュラルの床に合うベッドカラー

ナチュラルの床板

 

床板カラーのナチュラルは、一番、明るい色合い。そんなナチュラルには、同色のナチュラル、ホワイト、木そのままの木目調カラーのベッドレームが、おすすめです。

 

ナチュラルな床板は、お部屋を、パーッと明るくしてくれるので、気持ちも清々しく、清潔感があります。

 

ナチュラル床板に、おすすめベッド

棚・コンセント付き&照明付き 引出し収納付きベッド『AMI』アミ

 

ナチュラルな床板なら、特に、女性には、おしゃれな姫系のフレンチカントリー調デザインベッドが、似合います。やわらかな木目調・ホワイトカラーのベッドは、女性らしくて、可愛らしい~寝室にしてくれます。

 

フレンチカントリー調ベッド