ベッドフレーム選びも大事!

ベッドルーム

 

ベッドを選ぶときに心地の良さからマットレスをメインに考えてしまいがちですが、ベッドのフレームに目を向けることも大事です!

 

フレームは快適な睡眠を保つためベッドを支えるためのものですが、同時にフレームには、耐久性・通気性・利便性があります。その中から、どれを優先するかで、快適な睡眠に影響します。

 

ベッドフレームには、大別すると脚付きのノーマルなタイプ、収納ができる箱型タイプ、小物や衣類が収納できる引出付タイプ、ダブルクッションのための台輪タイプの4タイプがあります。

 

ネットメーカー各社は、これらのタイプにそれぞれオリジナルのブランド名を付けて販売しています。

 

脚付きノーマルタイプ

脚付ノーマルタイプ
脚付きのノーマルタイプは、通気性があり、高温多湿の気候の日本では、睡眠による汗の湿気を回避することができることから、一般に多く普及しているタイプです。

 

ただし、ベッドの下に、ホコリがたまりやすいという面もあります。そのため、最近では、お掃除ロボットが入る床下スペースを確保するなどの対応をしています。

 

箱型タイプ

箱型タイプ
利便性を優先する箱型収納タイプは、床面接地によりホコリの侵入を防ぐことができ、内部スペースには、季節ものの寝具や長物を収納できるという利点があります。

 

しかし、箱型タイプも引出しタイプも、ベッド下が風を通さない構造なので、購入の際には、除湿シートなどをおすすめしています。また、定期的に、収納スペースに、風を通すことで、湿気対策になるのでおすすめです。

 

引き出しタイプ

引出しタイプ
引き出し付きタイプは、オープン引き出しが2杯ついていて、引き出し奥にスペースを設けているものもありますが、引き出しには衣類や小物を、奥スペースには、長物を収納できるという利便性があります。

 

また、引き出しはベッドの置き方により左右どちらでも組み立てることができるようになっています。このタイプの床面接地のため、ホコリの侵入も防止できます。

 

しかし、箱型収納タイプ、引き出し付きタイプでは、通気性の点で難があると言えます。そのため、換気などについて注意が必要です。

 

ダブルクッション型

ダブルクッション型
ダブルクッションの台輪タイプは、安定性が良く、ダブルクッションによる快適で高い寝心地が得られるとされてます。そのため、一流ホテルではこのタイプが多く使われています。

 

またダブルクッションは、耐久性に優れています。マットレスにかかる衝撃過重をダブルクッションが分散し、緩和するために寝心地をより永く保持することができます。

 

ただし、脚が台輪のため、ベッド下にはほこりがたまりやすく、こまめな掃除が必要です。このタイプも、最近では、やはりお掃除ロボットが入る床下スペースを確保するようになっているようです。

 

このように、ベッドフレームには、利便性・通気性・耐久性というそれぞれの利点があります。快適な寝心地のために、ベットを選ぶ際には、ベッドのマットレスだけではなく、フレームについても目を向けることが大事です。