寝心地いいベッドサイズって?

ベッドに家族4人

 

床に、お布団を敷いて寝る場合はさほど気になりませんが、ベッドの場合、カラダのサイズに合っていないと、無意識に寝返りを制限してしまい、ぐっすり眠ることができません。

 

寝返りは、同じ姿勢で寝ていると、お布団に触れている部分の血行が悪くなるので、カラダが自然におこなう、血行を改善するための動作です。

 

また、寝返りを打った時には、お布団のなかにこもった熱気や湿気が放出される快適な状態に空調されるのです。 ひと晩に、20回から30回打つと言われる寝返りが、打てなくても、また、逆に打ち過ぎても、安眠が妨げられます。

 

ベッドの幅は、両手を広げられたら申し分ありません! とはいえ、一人で寝るなら、そこまで広くなくても十分です。無意識に、自然な寝返りが打て、ゆったり眠れるサイズは、肩幅プラス30cm以上です。

 

通常は、シングルサイズのベッドの幅は、97cm程度ですが、体格のいい人ならセミダブル(通常120cm程度) を選ぶ方が、ゆったり快適かもしれません。

 

パートナーと一緒に寝るダブルサイズ(同140cm程度)、または、クイーンサイズ(同160cm~170cm程度)、キングサイズ(同180cm~200cm程度)のベッドを選ぶときは、二人の手が触れない程度に離れて寝られる空間+それぞれの肩幅+30cm以上と考えると良いでしょう。

 

また、使う人の身長が165cm以上なら、ノーマルタイプ(同195cm程度)ではなく、ロングタイプ(同210cm程度)の長さのベット選びましょう。

 

なお、ベッドを設置する位置は、ベッドのまわりや下が掃除しやすく、寝具の取り替えがしやすいように、周囲にある程度のスペースが取れる広さが必要です。

 

女性の一人暮らしおすすめベッドサイズ?

女性の一人暮らし。「1kの部屋、おすすめなベッドサイズって?」知りたい女性も多いはず。

 

6畳の1k、1Rの部屋にベッド置きたいけど、みんな、どんなベッドサイズを、置いているのか、知りたい。そこで、不動産コラムサイトのいえらぶコラムさんのアンケート結果があります。それが、コレ!

 

  1. シングル、一般的なサイズで!
  2. セミダブル、広々、ゆったりと
  3. ダブル、広~く彼氏も泊まれる

 

1位:シングル、一般的なサイズで!

ベッドのシングルサイズは、横幅97cm x長さ195cm。1k、1Rの部屋、狭いとは言えども、一般的で、王道サイズ、人気があるのは、シングルサイズのベッドになります。

 

6畳の1k、1Rに、シングルサイズのベッド配置するので、その面積分は、部屋が狭くなりますが、部屋の動線は、確保できるでしょう。

 

また、選ぶベッドによっては、部屋の狭さをカバーできたり、動線も広く取れたりします。

 

女性の体型的にも、やせ型体型、普通体型、ぽちゃり体型など、ほぼ、大丈夫。ベッドの場合、肩幅にプラス30センチが、狭いと感じない幅になります。

 

ベッドの長さは、どのサイズも195cmなので、女性ならば、ほぼ、大丈夫だと思います。

 

どういうベッドかと言うと、障害物になるヘッドボードがないヘッドレスのベッド。

 

どうしても、棚付きが欲しいならば、ヘッドボード付きでも薄型のものや、薄いパネル型のヘッドがおすすめです。

 

このようなベッドを選ぶと、お部屋のレイアウトにも困りません。

 

ベッド

 

2位:セミダブル、広々、ゆったりと

ベッドのセミダブルサイズは、横幅120cmx長さ195cm。女性の一人暮らしに、意外に多いのが、セミダブルのサイズです。

 

睡眠重視の方、広々とゆったりしたベッドで眠りたい方など、さまざまな理由で、選ばれるんだと思います。

 

初めての一人暮らし、引越して一人暮らし。まずは、生活に、最低限必要なもの、特に、大きな家電、家具で一番、大きなベッドなどを、部屋に配置して、生活をスタート。

 

この意味合いから、シングルより、少し大きめ、セミダブルサイズのベッドも、真っ先に、ど~んと配置できます。

 

シングルサイズのベッドよりは、若干、大きめなので、さらに、フリースペースが、少なくなるでしょう。

 

最初に、主役の大きな家電、セミダブルの大きさのベッドに合わせて、日常の動線も、自ずと決まると思います。

 

大きな主役だけ、揃える。生活していく上で、必要になれば、雑貨・小物などは、100均などの駆使して、購入しよう~ぐらいが、ちょうどいいと思います。

 

細々とした小物・雑貨を、先に配置した部屋に、後から、大きな家電、大きなベッドを配置するのは、難しい。

 

新生活がはじまる以前から、「あれも必要」「これも必要」と、買い揃えても、使わない物が、きっとあるはずです。

 

というのも、一人暮らしの方は、学校やバイト、仕事などで、お昼間は、家にいません。家にいる時間は、帰宅した夜と休日ぐらいでしょうか?

 

生活していくと、物は、ドンドンと増えていくものです。初めは、必要最低限、質素、簡素からでもいいぐらいです。

 

3位:ダブル、広~く彼氏も泊まれる

ベッドのダブルサイズは、横幅140cmx長さ195cm。女性の一人暮らしで、ダブルサイズのベッドは、横幅が、140cmですから、かなり、フリースペースが、削られると思います。

 

ベッドのダブルサイズのメリットとしては、贅沢ですが、大きなベッドで、ゆったりと眠れること。また、彼氏、友人などが、泊りに来た時に、ダブルベッドなら眠れます。

 

セミダブルのベッドと同じような、意味合いになりますが、最初に、ダブルベッドを配置して、生活のスタートはじめれば、ダブルベッド中心に、狭くなるでしょうが、動線は、確保できると思います。

 

例えば、キングサイズは、横幅180cmx長さ195cmと、ほぼ、正方形。キングサイズのベッドを、ワンルームや1Kの部屋に配置すると、動線は・・・細い方なら身体を斜めにすれば、通れるかも(笑)

 

ダブルベッドは、男性が、選んで使用されているのは、よくあります。大柄な体型なのでとか、ベッドぐらいは、広く、ゆったりと使いたいという希望からです。

 

男性が希望するのなら、女性にもダブルベッドで、大きなベッドで、ゆったりと眠りたいという方もいます。

 

ですが、ダブルベッドのイメージから、「女性の一人暮らしで、ダブルベッドって、引かれない?」など、ダブルベッドが欲しいけれども、変に誤解されないかで、悩む女性もいらしゃいます。

 

でも、誰になんと言われようと気にしない!という「覚悟」があれば、ダブルサイズのベッドも大丈夫だと思います。

 

カップル

 

一人暮らし男性おすすめベッドサイズ?

すでに、一人暮らししている男性に、「あなたのベッドサイズは?」と、不動産コラムサイトのいえらぶコラムさんで、アンケートを取られていました。

 

その結果のベスト3がコレ!

 

  1. シングル、部屋の広さに合わせて
  2. セミダブル、程よい広さと寝心地
  3. ダブル、広さと彼女など泊まれる

 

1位:シングル部屋の広さに合わせて

約7割の男性が、シングルサイズのベッドを選んでいます。あらためて、ベッドのシングルサイズは、横幅97cm x長さ195cm。

 

やはり、一人暮らしの部屋の広さを考えて、室内の動線まで、浸食しないように。また、自分が寝るベッドサイズとして、最低限ならシングル。何となく、しょうがないので、という感じがします。

 

男性陣の本音は、「シングルでは、狭い」という意見。

 

「ダブルは、大き過ぎで、部屋が窮屈になるので、NG~。できれば、セミダブルぐらいのサイズが、いいんだけどなぁ~、でも、部屋に広さに、合わせてシングルにしました」

 

このような意見が、多いんです。一人暮らしの部屋の広さは、4.5畳~6畳ぐらいの1K・1R等の間取りが多いと思います。

 

「ベッド」という睡眠環境スペースと、生活するのに、家電・家具を配置し、窮屈にならない程度のスペース、両方が必要。

 

この二つのバランスを考えて、選んだのが、シングルサイズのベッドと見ました。なんか、占い師みたいですけど(笑)

 

2位:セミダブル程よい広さと寝心地

約2割の男性が、セミダブルサイズのベッドを選んでいます。セミダブルのベッドは、横幅120cm×長さ195cm。

 

シングルよりも横幅が、23cm広くなります。やはり、程よい広さのベッド、また、その広さのベッドの寝心地重視で、選ばれているのが、セミダブル。

 

狭いと感じないベッドの大きさの目安とは、肩幅に、プラス30cmが、寝返りもうちやすく、ゆとりあるベッドの横幅になります。

 

男性の肩幅は、広い。プラス30cmすると、シングルでは、窮屈な方も多いのでは?考えてみれば、ベッドに、メンズ、レディースはありません。

 

女性が、シングルで、ちょうどいいサイズなら、華奢な男性ならちょうどいいかもしれませんが、やはり、一般的な体型の男性には、シングルは、少し、小さい。

 

それで、少し、大きい、セミダブルサイズのベッドが、男性には、合うように思います。

 

また、シングルを選んだ、男性の中には、本音として、「もう少し、広めのセミダブルが、いいんですけどね・・・。」

 

この分かれ道で、シングル、または、セミダブル、どちらかの選択になるようです。程よい広さのベッドでの寝心地重視で、セミダブルを選択した方になります。

 

3位:ダブル広さと彼女など泊まれる

男性全体の4%と、すごく、少ないですが、ダブルサイズのベッドを選んでいます。ベッドのダブルサイズは、横幅140cm×長さ195cm。

 

とにかく、ゆったりと広いベッドで、寝たい方が、ダブルサイズを選んでいます。また、寝相が悪く、ベッドからの転落防止で大きいダブルに。

 

「へぇ」~と思ったんですのが、セミダブル選んだ方の中にも、ベッドからの転落防止で、少し大きめを選んだ方もいました。

 

あとは、彼女、友人などが、泊まりに来ることを考えて、ダブルサイズを選ばれています。

 

年齢もさまざま、一人暮らしの男性に、あなたのベッドサイズは?と聞いているので、部屋の広さは、解りません。

 

ダブルサイズのベッドを選んだ方の部屋は、置けるだけの広さが、あるんだと思います。

 

また、ベッド下が収納のベッドでは、セミダブル、ダブルが人気あります。この場合、ゆったりと広い寝心地と収納スペースを得る事ができます。

 

引出しのチェストベッドは、浅型の引出し2段の上に、マットレスを敷くので、ベッドの高さによって、お部屋に、圧迫感を与えます。

 

セミダブルのサイズの収納ベッドを選ぶことで、ベッドの高さを抑えられ、ベッドの横幅が、広くなるので、収納スペースも広くなり、収納できる量もアップします。