寝心地いいベッドサイズって?

ベッドに家族4人

 

床に、お布団を敷いて寝る場合はさほど気になりませんが、ベッドの場合、カラダのサイズに合っていないと、無意識に寝返りを制限してしまい、ぐっすり眠ることができません。

 

寝返りは、同じ姿勢で寝ていると、お布団に触れている部分の血行が悪くなるので、カラダが自然におこなう、血行を改善するための動作です。

 

また、寝返りを打った時には、お布団のなかにこもった熱気や湿気が放出される快適な状態に空調されるのです。 ひと晩に、20回から30回打つと言われる寝返りが、打てなくても、また、逆に打ち過ぎても、安眠が妨げられます。

 

ベッドの幅は、両手を広げられたら申し分ありません! とはいえ、一人で寝るなら、そこまで広くなくても十分です。無意識に、自然な寝返りが打て、ゆったり眠れるサイズは、肩幅プラス30cm以上です。

 

通常は、シングルサイズのベッドの幅は、97cm程度ですが、体格のいい人ならセミダブル(通常120cm程度) を選ぶ方が、ゆったり快適かもしれません。

 

パートナーと一緒に寝るダブルサイズ(同140cm程度)、または、クイーンサイズ(同160cm~170cm程度)、キングサイズ(同180cm~200cm程度)のベッドを選ぶときは、二人の手が触れない程度に離れて寝られる空間+それぞれの肩幅+30cm以上と考えると良いでしょう。

 

また、使う人の身長が165cm以上なら、ノーマルタイプ(同195cm程度)ではなく、ロングタイプ(同210cm程度)の長さのベット選びましょう。

 

なお、ベッドを設置する位置は、ベッドのまわりや下が掃除しやすく、寝具の取り替えがしやすいように、周囲にある程度のスペースが取れる広さが必要です。