「照明付きベッド」一覧

照明付きベッド・カテゴリーの販売ページです。棚=ヘッドボードに、照明が付いたベッドです。最近では、LED照明も加わり、真夜中に、ちょっと起きた時などに、ほのかな灯りがあると、足元などが安心です。特に、小さなお子さんがいらしゃるご家族におすすめです。

モダンライト・コンセント収納付きベッド【Cher】シェール

 

照明付きベッドのライトデザイン3タイプ

照明付きベッドのライトデザインとして、3タイプがあります。一番多いタイプは、ヘッドボードの中央に配置された中央ライト。

 

ヘッドボードの両サイドに配置された前ライトで、インパクトがあります。次に、ヘッドボード両サイドに配置されたライトで横ライトです。

 

  • ヘッドボード中央ライト
  • ヘッドボード両サイド前ライト
  • ヘッドボード両サイド横ライト

 

ヘッドボード中央ライト

フロアベッド、収納ベッド、家族・連結ファミリーベッドなど、ヘッドボードの中央に置かれた照明になります。

 

光の強さは、あたたかみのある灯りで、照明をつけても、眠りを邪魔することない、ほのかな灯りが、ほとんどです。

 

ベッド

ヘッドボード中央ライト

 

ヘッドボード両サイド前ライト

フロアベッド、すのこベッド、収納付きベッド、大型サイズベッドなどで、重量感あるベッドに負けない、ヘッドボードに、ど~んっと、置かれた照明です。

 

ヘッドボード両サイド、2灯の灯りなので、ベッド全体を包み込む感じ。灯りも暖色系で、ぬくもりが感じられモダンな雰囲気にしてくれます。

 

ベッド

ヘへッドボード両サイド前ライト

 

ヘッドボード両サイド横ライト

フロアベッド、すのこベッド、収納ベッド、ステージタイプのローベッドなど、ヘッドボード両サイドの横に配置された照明です。

 

ベッドを照らす感じとは違い、ヘッドボードの横から照らすので、ベッド周りが、フワッと浮き上がる感じで、とても、おしゃれでモダンな雰囲気になります。

 

ベッド

ヘッドボード両サイド横ライト

 

照明付きベッドの利便性と効果

照明付きベッドの利便性、照明があることの便利さ、ほのかな灯りのライト効果をご紹介します。

 

  • 夜中に起きた時など、何かと安心
  • 読書など寝る前のひとときに便利
  • ライトの灯りは睡眠の質を上げる

 

夜中に起きた時など、何かと安心

特に、小さなお子さんがおられるご家庭では、お子さんが夜中にトイレに行ったり、夜泣きしたり、急に体調が悪くなったりした場合に照明があると便利です。

 

また、高齢者の方も夜中に、何度もトイレに行く時でも、枕元に灯りがあると、何かと安心なものです。

 

枕元に置いているメガネ、スマホなども、灯りがあると、探さなくても、すぐに、手に取ることができます。

 

ここ最近では、地震も多く、グラッと来た時でも、灯りがあると、真っ暗で、何も解らない状況よりも、多少なりとも、気持的に安心かと思います。

 

夜泣き

 

読書など寝る前のひとときに便利

寝る前に、ブルーライトは、眠れなくなるので、長時間のテレビやスマホはNG。でも、ちょっと寝る前に、LINEやメールをチェックする際に、枕元に、灯りがあると、見やすく目にもいい。

 

また、お母さんがお子さんに、絵本の読み聞かせされたり、寝る前のひとときに、読書する方には、枕元の灯りは、助かりますよね。

 

音楽を聴いて寝る方も、ボリューム調整、スイッチの切り替えなど、灯りがあると、操作しやすいと思います。

 

男性

 

ライトの灯りは睡眠の質を上げる

寝る時には、寝室の電気は、消して部屋を真っ暗にして寝ている方も多いと思います。その中には、少しでも明るいと寝れないからという方もいるでしょう。

 

でも、意外ですが、よく寝られるだろうと、寝室の電気を決して、真っ暗にすると、感覚が遮断されて、脳が過敏になり、目が覚めやすくなるので、逆効果になってしまうのです。

 

できれば、間接照明など、暖色系のほのかな灯りだと、入眠しやすく、睡眠の質も上げてくれる効果があります。

 

ライト付きベッドのほとんどが、明る過ぎずに、ほのかな灯り。別に、寝室用の間接照明など、買わずとも、ベッドにすでに付いています。

 

女性