「家族・ 連結ファミリーベッド」一覧

家族・ 連結ファミリーベッド・カテゴリーページです。家族揃って、川の字寝るスタイルが人気です。家族が全員で、3~5人寝れるベッドです。将来的を見据えて、分割できるタイプ。大型サイズ、フレームを連結パーツで固定するタイプ等、多数取り揃えてます。

大型サイズのサイズ表記は、ワイドキング幅200cm(シングル×2)とか、ワイドサイズ240(ダブルとシングル)など、各サイズの組み合わせで、表されています。

 

▶ラトゥース:最大280cm!11サイズ、棚・1口コンセントの激安!フロアベッド

▶セイヴィサージュ:大型6サイズ、棚・2口コンセントの高さ調整頑丈すのこベッド

ファミリーベ:最大280cm!9サイズ、棚・2口コンセントの格安!フロアベッド

▶アントレ:最大280cm!11サイズ、棚・1口コンセントの格安!フロアベッド

▶バストル:最大280cm!7サイズ、レザー素材、ロータイプのフロアベッド

▶セラフィーナ:最大280cm!7サイズ、レザー素材、通気性抜群のすのこベッド

▶ヴィルヘルム:最大280cm!7サイズ、レザー素材、ロータイプのフロアベッド

▶コンフィアンサ:最大280cm!9サイズ、パネル型ヘッドの高級収納付きベッド

▶ウィスペンド:最大240cm!5サイズ、棚・2口コンセント&照明付きフロアベッド

▶クレセール:最大300cm!9サイズ、棚・2口コンセント&照明付ステージベッド

▶ユーガスタ:最大300cm!11サイズ、棚・2口コンセント&照明付すのこステージベッド

▶エラムス:最大240cm!4サイズ、ヘッドレスの脚付きマットレス一体型BOXシーツ付

▶ノイエ:最大280cm!13サイズ、棚・照明付、国産・ロータイプのフロアベッド

▶トナリネ:最大280cm!13サイズ、棚・1口コンセント&照明付、国産フロアベッド

▶セドリック:最大300cm!大型7サイズ、棚・1口コンセント&照明付、引出し収納ベッド

▶リーフェ:最大240cm!6サイズ、棚・1口コンセント&照明付、Box構造引出し収納ベッド

 

ベッドの大きさ・寸法表

セミシングル 幅80~85cm×195cm
シングル 幅90~100cm×195cm
セミダブル 幅120cm×195cm
ダブル 幅140cm×195cm
クイーン 幅160~180cm×195cm
キング 幅180~200cm×195cm

ファミリーベッド

 

ファミリー向けベッド場合は、ワイドキング幅200cm(シングル×2)とか、ワイドサイズ240(ダブルとシングル)など、各サイズの組み合わせでサイズ表記されています。

 

また、長さは、ほとんど195cmですが、約10cmほど長いロングサイズベッドもございます。

 

子供たち

 

連結ベッド、マットレスのすき間にご注意を!

家族向きの連結ベッドを選ぶ際に、小さなお子さんがいらしゃる場合には、ベッド構造を確認することをおすすめします。

 

低いロースタイルベッドは、スタイリッシュでモダンな雰囲気で、お部屋も広く感じさせます。ロースタイルのベッドには、脚付きのローベッド、箱柄フレームのフロアベッドがあります。

 

その箱型フレームのフロアベッドが、口コミやレビュー等で、箱型フレームの構造に関して、例えば、5段階評価で、3に減点されているのです。

 

なにが原因かというと、箱型フレームで、マットレスを落とし込むタイプだと、ベッドフレームとマットレスの間に、溝=すき間ができます。

 

↓ベッドフレームとマットレスとのすき間

マットレスのすき間

 

この溝の隙間に、幼児・園児など、小さなお子さんが、足を挟んで、コケてしまうとか、手を挟んでしまうなど、危険を誘発する可能性が、あります。

 

幼児・園児など、小さなお子さんが、いらしゃるご家庭で、家族向きの連結ファミリーベッドの購入をお考えなら、ベッドフレームに、マットレスを上乗せタイプのものがおすすめです。

 

「えぇ~その箱型フレームの連結ベッド、買っちゃたけど?」

 

そういうご家庭の方が、いらしゃいましたら、まず、危険を回避するためにも、隙間に、タオルなどで、塞いでフラットにしてください。また、ネット通販なので、「すき間パッド」が、販売されており、簡単に手に入るので、すき間を埋めて下さい。

 

マットレスすきま用パッド

 

小さなお子様の行動は、予測不能!用心に越したことはありません。しかし、箱型フレームが、全部、悪いというわけでもありません。

 

というのも、箱型フレームのフロアベッドは、マットレス上乗せタイプよりも、価格帯では、、かなり安い傾向のものが多いのです。

 

また、ロータイプのベッドは、目線が低くなるので、圧迫感がなく開放的で、お部屋が広々とした空間にしてくれるメリットがあります。

 

さらに、メーカー側でも、フロアベッドのすき間を安全にするために、改良・開発に努めています。例えば、フレームに、レザー素材を使い、その内側に、弾力性のあるウレタン素材を入れて、ぶつかっても痛くない仕様のベッド。

 

また、連結ベッドは、2つのサイズのベッドを組み合わせているので、余ったフレームを、フレームサイドに、差し込んで、すき間ができないように、マットレスをしっかり固定させる仕様のベッドも開発されてます。

 

メーカー側も、より、ご家族のみなさまに、安全・安心な連結ファミリーベッドをお届けできるように、精進しております。

 

連結するファミリーベッド選びでは、お子さんの安全も兼ねた品質、ご予算、寝心地など、総合的に判断して、ご家族に合ったものをお買い求め下さい。

 

家族・連結ファミリーベッドのメリット

家族向きの連結ファミリーベッドのメリット7つご紹介します!

 

  • 家族みんなで、一緒に寝られる
  • 各自のベッドを買うよりも経済的
  • 低い連結ベッドは、小さなお子様に安心
  • 広いので寝返り等の振動が伝わりにくい
  • 布団の上げ下げから解放される
  • メンテナンスが、意外にラクラク
  • 子供たちの様子や会話も多くなる
  • 子供の成長に合わせて分割できる

 

家族みんなで、一緒に寝られる

家族・連結ファミリーベッドは、家族3人~5人が、川の字になって、みんな一緒に横並びに、寝られるベッドです。

 

ほとんどの連結ベッドは、セミシングル・シングル・セミダブル・ダブルの単品、その4つのサイズから、2つのサイズを組み合わせ、連結させて、横幅ワイドな大型サイズベッドが誕生します

 

新婚のご夫婦が、近い将来、お子さんが欲しい場合、シングルとシングル、シングルとセミダブルなどを組み合わせた、大型サイズを、購入。お子さんができるまでは、分割して、各自のベッドとして使用できます。

 

お子さんが誕生して、お子さんたちと一緒に寝たい場合には、付属の連結金具などで、2つのフレームを固定すれば、家族みんなで寝られます。

 

各自のベッドを買うよりも経済的

4人家族ならば、4台分のベッドが、必要になります。ネット通販の激安ベッド、シングルベッド1台で、2~3万円。4台分だと、8万から12万円。

 

リーズナブルのインテリアショップやカタログ通販では、シングルベッド1台で、3~5万円。4台分だと、12万から20万円。

 

ベッド専門店のインテリアショップでは、シングルベッド1台で、5~10万円以上。4台分だと、20万から40万円。

 

一流メーカーのベッド専門店ならば、20万円前後~。4台分だと、80万円前後となります。一般のご家庭では、中々、一流メーカーのベッド専門店では、購入されないとも思います。

 

そこで、大きな味方の家族向きの連結ベッドの登場です!例えば、連結フロアベッド『Tonarine』トナリネで、4人家族ならば、サイズは、大きめのワイドキング280。

 

トナリネのマットレスセットで、一番安い、ボンネル&ポケットコイルマットレス付きで、¥76,700(税込)、組立設置配送サービスを選んでも、¥79,000(税込)

 

家族・連結ファミリーベッドの品質やデザインにもよりますが、家族各々に、ベッドを購入するよりも、リーズナブルな価格帯も多く、経済的、家計にやさしいベッドです♪

 

女の子

 

低い連結ベッドは、小さなお子様にも安心

低い連結ベッドというと、ロータイプのフロアベッド、ローベッドになります。一般的な脚付きベッドは、ベッドに高さがあり、小さなお子さんが、ベッドからの転落が心配です。

 

ロータイプのフロアベッド、ローベッドならば、万が一、転がっても、落ちたとしても、一般的な脚付きベッドと比較すると、衝撃は、ほとんどなく、安全で安心してお使いいただけると思います。

 

乳児から成長して、ハイハイができるようになっても、低いので、お母さんの気がかりも軽減してくれます。それに、連結ベッドの中でも、フロアベッドタイプの価格帯は、安い傾向で、お求めやすいのも魅力です。

 

次に、ロータイプの短い脚付きのローベッドになると、その脚分、高くなりますが、ほんのわずか。ローベッドは、短いですが、脚付きなので、ベッド下に空間ができるので、風通しがよく、湿気対策になります。

 

フロアベッドタイプにするのか、ローベッドタイプにするのかは、お子さんの年齢、行動なども考慮して、安全に過ごせることも、選び方のひとつになります。

 

家族・連結ファミリーベッドBASTOL

 

広いので寝返り等の振動が伝わりにくい

ワイドキング280は、280cm=2.8メートル。連結ベッドで、一番、大きいサイズが、ワイドキング300で、3メートル、シングル3台分です。

 

これだけ、広いので、親御さんやお子さんが、寝返りを打っても、振動が伝わりにくい。また、マットレスを、ポケットコイルにすると、横揺れの軽減効果があり、寝返りを打っても、さらに、伝わりにくいです。

 

ポケットコイルマットレスの特徴

 

布団の上げ下げから解放される

畳の部屋でも、布団を敷いて、家族みんなで川の字になって、寝ることができます。しかし、朝になると、家族分の布団を畳んで、押入れに入れて、夜になると、また、押入れから布団を出して、敷かなければなりません。

 

特に、朝は、家族みんなの食事に、出かける用意と何かと忙しく、布団の片づけに協力してくれれば、助かりますが、往々にして、お母さんの仕事になりがちです。

 

自分だけの布団ならば、苦にもならないでしょうが、家族分となると・・・。また、布団の天日干し、シーツ替えなど、家族分と考えると、もう重労働で、お母さんは、ヘトヘト。

 

その点、連結ファミリーベッドならば、枕や掛け布団などを、整えるだけで、終了。お子さんが多いご家族には、ベッドが助かります。

 

メンテナンスが、意外にラクラク

毎晩、人は、寝ている間に、約コップ1杯(200cc)の汗をかきます。その汗は、布団・マットレスに、湿気として、こもります。布団の場合は、お天気のいい日に、天日に干せますが、中々、マットレスは、できません。

 

しかし、布団に比べて、マットレスには厚みがあり、毎日、天日に干さなくてもいいんです。その代わりに、定期的なマットレスのメンテナンスが必要です。

 

定期的なマットレスのメンテナンスとは、1ヶ月に1回とか、2~3ヶ月に1回など、マットレスは大きいので、大人の方、二人で(ご夫婦など)マットレスをローテションさせて下さい。

 

マットレスの前と後、裏と表などを、ローテーションする事で、ヘタリを防止して、より長持ちします。その際には、ベランダが近ければ、天日に干して、寝室の換気も同時に行いましょう。

 

窓やベランダがない場合には、寝室のドアを、毎日、開けるようにして、寝室内の空気を、循環させてあげて下さい。

 

また、忙しくて、定期的なマットレスのメンテナンスが、できないようなら、寝室内で構わないので、マットレスを壁などに、立て掛けて、湿気を逃がしてあげて下さい。

 

ご家族の人数分の布団を、天日干しする重労働よりも、定期的なマットレスのメンテナンスの方が、ラクラクです。今まで、お布団やマットレスのケアは、お母さんに任されているご家庭も多いと思います(協力的なご主人もいらしゃると思いますが)。

 

しかし、定期的なマットレスのメンテナンスは、大きなマットレス2つ分なので、大人の方2人で行なうように、是非、ご主人様が、主導で。マットレスは大きいですが、家族で使うものを大事にすることは、コミュニケーションが大事で、夫婦円満のひとつになると良いかと思います。

 

子供たちの様子や会話も多くなる

同じベッドで、家族と寝ていると、元気がない、顔が赤いとか、しんどそうとか、心身ともに、子供たちの変化に、気づいてあげられます。

 

また、保育園・幼稚園や小学校へ通っている子供たちのその日にあったことなど、親御さんと、会話がしやすく、悩み事も打ち明けやすいように思います。

 

父と息子

 

寝室が、親子のコミュニケーションの場になります!

 

子供の成長に合わせて分割できる

小学校へ入学を機に、子供部屋へ移ることが多い昨今。子供の成長は、親御さんにとっては、うれしいことでもありますが、寂しくもなりますよね。

 

子供たちが各々の部屋へ移り、ご夫婦だけになったなら、固定している連結金具などを外して、別々に、分割できます。

 

シングルとシングル、シングルとセミダブルとして、ご夫婦で、または、お子さんに、単体ベッドとして、引き続き使えて、とても、経済的です。

 

分割できるベッド

 

家族・連結ファミリーベッドのデメリット

家族向きの連結ファミリーベッドのデメリット7つもご紹介!

 

  • 大きさゆえに組立にくく移動できない
  • 神経質だと寝返りなどで起きてしまう
  • 休日など寝たくても寝られない
  • 親・子供の風邪などが伝染しやすい
  • フレームとマットレスとの溝が危険
  • マットレスとマットレスのすき間
  • 乳児との添い寝の危険性

 

大きさゆえに組立にくく移動できない

大型サイズのベッドなので、梱包数も多く、その梱包を、開梱して、組み立てるには、時間がかかるかもしれません。一般的なベッドの組み立て工程以外に、連結パーツなどで、フレームとフレームを、固定する作業も増えます。

 

もし、組み立てが苦手、人手が足りないなどであれば、組立設置配送サービスが選べる、連結のファミリーベッドもあるので、若干、割高になりますが、体力的・精神的にも楽だと思うので、積極的に、利用してみて下さい。

 

組立設置配送サービス: スタッフ2名で、配送・開梱・組立・設置して、梱包していた不要のダンボールなどのゴミも持ち帰ります。さらに、日時指定が可能です。

 

とにかく、大きな連結ベッドですから、6~8畳の寝室に、連結ベッドを配置すると、簡単には、移動はできません。

 

組立設置配送

 

神経質だと寝返りなどで起きてしまう

大型サイズベッドなので、広く、寝返り等の振動が伝わりにくいと、連結ベッドのメリットとして、ご紹介しましたが、人それぞれで、神経質な方も、いらしゃると思います。

 

親御さんであっても、子供さんであっても、繊細で、寝返りを打った振動や、誰かが夜中に、トイレに行った気配などで、起きてしまうかもしれません。

 

そんな場合、ベッドのサイドを壁に、ひっつけて、寝る場所を、端にしてあげると、片方は壁になるので、まだ、マシかと思います。

 

休日など寝たくても寝られない

休日など寝たくても寝られない!これは、親御さんに、多い悩みになると思います。子供たちは、元気ハツラツですから、何曜日であろうが、容赦しません。

 

目が覚めたら、じっとしておれないので、ベッド内・ベッド周辺で、ごちゃごちゃと、遊びはじめます。親御さんは、たまの休日で、もう少し、寝かせて欲しい!はず。でも、家族みんなで、寝ているとそういうわけには、いきません。

 

色んな説がありますが、「寝だめ」で休息になる人、ならない人があるそうです。寝だめよりも、質のいい睡眠を心がける方が、休息になるように思います。

 

親・子供の風邪などが伝染しやすい

幼稚園や小学校で、インフルエンザなどが流行して、子供さんがかかると、親御さんにも、うつってしまうケースは、よくあります。同じ寝室の同じベッドなら、空気感染等で、うつってしまう可能性が高くなるように思います。

 

その場合には、大黒柱のお父さんには、別の部屋で寝てもらうとか、病気にかかったお子さんと、看病するお母さんとで、別室で寝るなどしましょう。

 

家族みんなが、病気で、共倒れには、ならないような工夫が、大切かと思います。

 

風邪をひいた子供