「キング」一覧

キングサイズとは、一般的に、大きいベッドのサイズならダブルサイズですが、キングサイズは、そのダブルサイズよりも、幅が40cmも広く、なんと幅180cmのベッドのことです。キングベッド幅180~200cm×195cm

至福の贅沢を味わってみたい憧れのキングサイズ。こんな幅広ベッドに、おもいっきりジャンプして飛び込んで、大の字になったりゴロゴロしてみたいものです☆

 

ベッドの大きさ・寸法表

セミシングル 幅80~85cm×195cm
シングル 幅90~100cm×195cm
セミダブル 幅120cm×195cm
ダブル 幅140cm×195cm
クイーン 幅160~180cm×195cm
キング 幅180~200cm×195cm

ファミリーベッド

 

ファミリー向けベッド場合は、ワイドキング幅200cm(シングル×2)とか、ワイドサイズ240(ダブルとシングル)など、各サイズの組み合わせでサイズ表記されています。

 

また、長さは、ほとんど195cmですが、約10cmほど長いロングサイズベッドもございます。

 

リクライニング付モダンレザーローベッド【Plutone】プルトーネ

 

キングサイズベッドの選び方

憧れのキングサイズのベッド!

 

一般的には、日本の住宅事情等で、お子様含めた家族3人でも眠れる大きさなので、ファミリーベッド感覚、または、ベッドの広さに高級感を求めて、購入されるように思います。

 

キングサイズのベッド、どのようにして選べばよいか?これは十分に、よく検討されることをおすすめします!

 

確かに広いスペースで、手足を存分に伸ばして寝ることができるのは、気持ちがいいですし、理想でもありますが、何でも限度というものがあるからです。

 

キングサイズの大きさとは?

このサイズの大きさが、どれくらいかご存じでしょうか?

 

実のところ、サイズに、何か国際的な標準規格があるのかというと決してそうではないのです。

 

そのため、メーカーやブランドによっては、多少のばらつきもあることは事実ですが、平均的には、縦の長さが、だいたい195cm、そして横幅も、だいたい195cm程度です。

 

ちなみに縦の長さというのは、どんなベッドであっても、あまり変わりはないのです。シングルであろうが、ダブルであろうが、あるいはキングであろうが、だいたい同じで、195cm程度なのです。

 

キングサイズというのは、縦と横が、同じくらいあるということになり、ほぼ、正方形ということになります。

 

ほぼ、正方形なので、縦に寝ても、横に寝ても、全く同じくらいに、手足を伸ばして、眠れるということになります。

 

伸び伸びと寝たい方は、もちろん、寝相の悪い方にとっては、天国のようなものかもしれませんが、落ち着いて考えてみましょう!

 

キングサイズベッドの必要性

正方形のキングサイズベッド、一人が眠るのに、それだけのスペースが、本当に必要なのでしょうか。通常のシングルサイズの横幅は90cm程度です。これが、一応、一人が眠るのに十分と考えられている幅となります。

 

日本の住宅事情を主として、狭いワンルームなどの一人暮らしでは、小柄な女性向けに、セミシングルと呼ばれる幅80cm程度のものさえあるくらいです。

 

シングルでは、狭いので、もう少しゆったりと眠りたいという要望はあるでしょうが、セミダブルで120cm、ダブルで140cmとなり、一般的には一人用としては、十分と言えます。

 

これを超えるサイズは、一人用ではなく、二人用として考えるべきです。二人用として考えるのであれば、キングサイズも十分に選択肢として可能でしょう。

 

キングサイズベッド選びの注意点!

日本の住宅事情では、これほど大きなサイズを置きたくても、十分なスペースがないという場合も少なくありません。

 

マンションの場合は、エレベーターに乗せられないとか、玄関から入らない、廊下の曲がり角を通過できないといったことも考えられますし、部屋に、何とか置けても扉が開かないなどもあり得えます。

 

ですから、購入する前には、かならず、搬入できるかどうかのサイズチェックをするようにしましょう!

 

マンションの場合、よほどの高級物件でもない限り、キングサイズのベッドが、必ず搬入できるように、考慮されているとは言い切れません。

 

そういう場合は、一回り小さいサイズであるクイーンサイズを検討してみるという方法もあります。クイーンサイズの横幅は160cm程度で、これでも二人用としては、十分すぎるほどだからです。

 

キングサイズベッドの種類

キングサイズベッドの種類には、2通りがあります。

 

1つ目は、一人用、または、二人用として、シングルからキングサイズまであるもの、それから、ダブル・クイーン・キングの大きいサイズが売りの大型ベッドです。

 

このタイプには、おしゃれで、モダンデザインのレザー素材にスチール脚のベッド、ベッド下が収納付きでモダンなライト付きなど、高級感が溢れるベッドです。

 

でも、一般的ではない大きさなので、ベッド種類も少なく、価格帯も高い傾向になります。

 

2つ目は、家族向けの連結できるファミリーベッドです。ベッドの種類によっても変わりますが、セミシングルとシングルの組み合わせで、キングサイズになります。

 

小さなお子さんならば、家族3人、なんとか、寝ることもできると思います。

 

価格的には、ベッドにもよりますが、連結してキングサイズにするベッドの方が、単品売りのキングサイズベッドよりも、価格帯は安い傾向になります。

 

どちらのキングサイズのベッドでも、置きたい部屋の大きさ、ベッドの大きさの把握、ベッド購入時の搬入・搬出時のスペース確保ができるのかどうかを、しっかりと確認しましょう。