「セミダブル」一覧

セミダブルベッドとは、一人用ベッドサイズです。シングルサイズよりも大きいのでゆったりと寝れるベッドサイズです。セミダブルベッド幅120cm×195cm

シングルでは、ちょっと狭いと感じる方、体格の大きい方、ゆったりと眠りたい方におすすめなセミダブルサイズベッドです。

 

ベッドの大きさ・寸法表

セミシングル 幅80~85cm×195cm
シングル 幅90~100cm×195cm
セミダブル 幅120cm×195cm
ダブル 幅140cm×195cm
クイーン 幅160~180cm×195cm
キング 幅180~200cm×195cm

ファミリーベッド

 

ファミリー向けベッド場合は、ワイドキング幅200cm(シングル×2)とか、ワイドサイズ240(ダブルとシングル)など、各サイズの組み合わせでサイズ表記されています。

 

また、長さは、ほとんど195cmですが、約10cmほど長いロングサイズベッドもございます。

 

セミダブルのメリット・デメリット

セミダブルのメリットは、シングルサイズより若干、横幅が広いサイズなので(ベッド長さはシングルもセミダブルも同じ)、シングルベッドが、配置できる部屋なら、セミダブルのベッドが置けます。

 

また、シングルベッドと同様に、ベッドの種類、ベッドパッドや敷きパッドなどの寝具類も豊富なので、寝室のコーディネートも楽しめます。

 

あまり大きなサイズになると、「サイズがない!」と困ることもありますが、その点、セミダブルは、心配ありません。

 

腰痛の男性

 

セミダブル、体型の大きい方におすすめ

ベッドの大きさは、変化しませんが、特に、中高年になると、体型が変化します。代謝が落ちるので、どうしても、太ってしまって、体型が大きくなってしまうこともあります。

 

すると、今までのシングルベッドでは、狭く感じたり、窮屈な感じになってしまいます。そう感じていても、ぐっすりと熟睡できていれば、問題はありません。でも、寝返りは、どうでしょう?

 

ここ最近、腰痛気味、腰痛だ!また、首や肩のコリがひどいなど、体調に良くない場合は、もしかしたら、寝ている間に、ちゃんと、寝返りが打てていないかもしれません。

 

寝ている間に、人は、寝返りをします。寝返りは、同じ姿勢で寝ていると、マットレスや布団に、触れている部分の血行が悪くなるので、体が自然に行なって、血行を改善するための動作です。

 

また、寝返りを打った時には、マットレスや布団の中にこもった熱気や湿気が放出して、快適な状態に空調されるのです。

 

ほぼ、ひと晩に、20回から30回、寝返りを打つと言われており、寝返りを打てなくても、また、逆に、打ち過ぎても、安眠が妨げられるのです。

 

畳に、布団を敷いて寝る場合は、さほど気になりませんが、ベッドの場合、体のサイズに合っていないと、無意識に、寝返りを制限してしまい、ぐっすり眠ることができないのです。

 

一般的にベッド幅は、両手を広げられたらOK、ひとりで寝るなら、そこまで、広くなくても十分。無意識に、自然な寝返りが打て、ゆったり眠れるサイズは、肩幅プラス30cm以上です。

 

セミダブルの大きさは、ベッド幅120cm程✘ベッド長さ195cm程(ベッドの種類によって違う場合もあります)

 

シングルサイズのベッド幅は、約97cm程度ですが、大柄体型の人ならセミダブル(通常120cm程度) を選ぶ方が、ゆったりと快適かもしれません。

 

高齢になると、やや肩幅は狭くなりますが、日本人の男性・肩幅の平均サイズは、45~46cm。ゆったり眠れるサイズは、肩幅プラス30cm以上、男性の肩幅平均45~46cmに、30cmプラスすると、75~76cm。

 

ベッド幅:約120cmのセミダブルなら、たっぷり広々、余裕があり、リラックスして、寝返りが打ちやすく、快適な睡眠環境になります。

 

注意点:ベッドを設置する際には、ベッド幅が、約120cmのセミダブルなので、ベッド周りやベッド下が掃除しやすく、ベッドパッドなどの寝具の取り替えがしやすいように、ベッド周囲にある程度のスペースが、取れる広さが必要になります。

 

体型が大きくなって(メタボ体型、太ってしまったなど)、ベッドが窮屈に感じ、腰痛・首・肩こりに悩まされていたら、シングルサイズのベッドからセミダブルへ変えてみるのもいいかもしれません。