1万円台の激安パイプベッドも大人気、お子様の二段ベッド、多機能なロフトベッド、ロマンティックな姫系アイアンベッドなどもございます。

 

パイプベッドのメリット・デメリット

スチール素材のパイプベッドは、初めて、一人暮らしをはじめる方には、お手頃価格が多いので、人気です。

そこで、パイプベッドのメリット・デメリット、「パイプベッドの寝心地って、実際は、どうなの?」を考えてみたいと思います。

パイプベッド

パイプベッドのメリット

  • お手頃価格
  • 組み立てが簡単!
  • 優れた通気性
  • 掃除しやすい

 

お手頃価格

パイプベッドは、お手頃価格が、大きな魅力。一般的な木製ベッドと比べると、ほとんどのパイプベッドは、木製ベッドの半分の価格で販売されています。

一人暮らしをはじめる方や、できるだけ出費を抑えたい方には、パイプベッドは、おすすめです。

 

組み立てが簡単!

一般的なベッドの組み立てと比較すると、パイプベッドの組み立ては、簡単です。組み立てが、簡単ならば、バラすのも簡単なので、お部屋の模様替えでの移動、引越しなどの搬入・搬出しやすいと言えます。

 

さらに、コンパクトに、収納できるので、大きなスペースも不要。使用しなくなっても、場所を取らずに、しまっておけるので、予備のベッド・来客用ベッドとしても使えます。

 

優れた通気性

パイプベッドの床板は、メッシュの床板なので、マットレスに、こもった湿気を逃がしてくれるので、優れた通気性と言えます。

 

湿気とホコリは、カビ・ダニ発生の原因に。優れた通気性のメッシュ床から、湿気を逃がし、また、取り外しやすい床板で、掃除しやすく、清潔な睡眠環境を、維持できます。

 

パイプベッド全体は、金属製なので、湿気が溜まらない、通気性に優れた構造で、オールシーズン、快適に過ごせます。

 

通気性のいいメッシュ床

掃除しやすい

ベッドの下には、ホコリが溜まりやすいですが、パイプベッドのメッシュの床板が、取り外しやすいので、掃除機で、ベッド下のホコリを、きれいに、吸い取れます。

 

おしゃれな見た目で、人気のフロアベッドやローベッドでは、掃除しにくいデメリットがあります。しかし、パイプベッドは、掃除しやすいというメリットがあります。

 

パイプベッドのデメリット

  • 木製ベッドよりも耐久性が劣る
  • 金属の材質が硬い

 

木製ベッドよりも耐久性が劣る

パイプベッドは、木製ベッドよりも耐久性が劣ります。簡単な組み立て、バラしやすいのは、部品そのものが簡易で、構成されているからです。

 

しかし、人が横になって寝るベッド、耐荷重100kg以上が、ほとんどなので、木製ベッドより耐久性が劣っていても、日常に使う分には、安心してお使い下さい。

 

金属の材質が硬い

パイプベッドは、材質が金属なので、木製のベッドと比較すると、金属の硬さ、冷たい肌触りで、木製ベッドの木のあたたかみとは、真逆と言えます。

 

パイプベッドの寝心地って、どうなの?

パイプベッドの見た目では、「金属があたって、身体が痛そう~」って感じます。何も敷かないで寝ると、金属のメッシュ床で、メッシュ床の跡が付きそうですね。

 

やはり、敷き布団だけよりも、マットレスに、プラス、敷き布団の方が、断然、寝心地が、良くなります。さらに、マットレスや敷き布団が、厚ければ厚いほど、寝心地の良さがアップします。

 

パイプベッドの価格は、ほとんどお手頃価格なので、品質の良い、厚めのマットレスとの組み合わせも、おすすめです。