「ロフトベッド」一覧

ロフトベッドのカテゴリーベージです。ロフトベッドの魅力といったら、なんといってもベッドの下が有効活用できること。収納ボックスやケースで、収納スペース目的として使えること、また、ソファやテーブルを置いて自分だけのミニリビングにも♪

学生の方なら机と椅子を置いて自分だけの勉強部屋に、男性ならデスク&チェアに、パソコンや本棚を置いて、書斎やワークスペースとしてお使いいただけます。

 

くつろぎ空間ハンモック付ロフトベッド Hammox ハンモックス

 

ロフトベッドの特徴

ロフトベッドは、ベッド下を、おもいっきり有効活用できるの大きな特徴です。

 

ベッドと収納スペース、ベッドとミニリビング、ベッドと勉強部屋、ベッドと書斎、ベッドとワークスペースなどなど、自分スタイルの使い方ができます

 

ワンルームや子供部屋、狭い部屋におすすめ。ロフトベッド1台で、まさに一石二鳥の使い勝手のいいベッドです。

 

ロフトベッドのメリット

  • 部屋を有効活用できる
  • 湿気を逃がしやすい
  • 冬場のベッドは暖かい

部屋を有効活用できる

ロフトベッドの最大の売り!床面に置くベッドを、空間に置いて、ベッド下を有効に活用できるのです。

 

勉強机と椅子、本棚などを置いて勉強部屋に。また、ソファやミニテーブルを置いてくつろぎ空間に。さらには、収納ケースやパイプハンガーで、ウォーキングクローゼットのような収納スペースにできます。

 

湿気を逃がしやすい

ロフトベッドの下は、大きな空間が広がっています。寝ている間にかいた汗など、布団やマットレスに湿気としてこもるのを、ベッド下へと逃がしてくれ、通気性抜群です。

 

冬場のベッド面は暖かい

ロフトベッドのベッド面は、高いところにあるので、床にたまる冷気が、上がってきません。さらに、エアコンなどの暖房器具の暖かさは、部屋の上に上がっていくので、冬場は、暖かく感じます。

 

ロフトパイプベッド ミライ-mirai-2段階高さ調整可能!

 

ロフトベッドのデメリット

  • 高さによる圧迫感
  • ハシゴ昇降が面倒
  • 夏場のベッドは暑い
  • 専用寝具類が別売り

高さによる圧迫感

ロフトベッドを組み立て、部屋に設置すると、たぶん、高さの圧迫感で「デカイ!」と感じるかもしれません。

 

その圧迫感を回避するには、部屋の壁と同色、または、近いカラーのロフトベッドを選ぶと、同化して、圧迫感も感じなくなります。

 

ハシゴ昇降が面倒

ロフトベッドには、ハシゴの昇り降りがつきもの。体調が悪く、しんどい時でも、ハシゴで昇らないといけません。

 

また、宮棚(ヘッドボード)がない場合は、いちいち、下まで降りて、取りにいく手間がかかるので、購入される場合は、宮棚付きをおすすめします。

 

それと、布団やマットレスを干す際や、シーツやカバー替え時にも、ハシゴに昇っての作業となり面倒です。

 

夏場のベッド面は暑い

ロフトベッドのベッド面が高いところにあるので、夏は、熱気のある空気が、昇っていき、暑いです。

 

ロフトベッドの夏場の暑さを回避するには、クリップ式のミニ扇風機で、空気を循環させてあげると、だいぶ、暑さも軽減します。

 

専用寝具類が別売り

ロフトベッドの専用のマットレスは、別売りが多いので、別に買う必要があります。

 

通常ベッドの厚めのマットレスは、ロフトベッドでは使えません。軽量で、持ち運びやすい、薄型のロフトベッド専用のマットレスになります。

 

ロフトベッド3段可動デスク付&宮棚付【Studio】ステューディオ

error: Content is protected !!