「女性おすすめベッド」一覧

女性おすすめベッドのカテゴリーページです。小柄な女性の方にセミシングルサイズのあるベッドやおしゃれで可愛いベッドやロマンティック姫系ベッドなど、女性に喜んでいただけそうなベッドをおすすめしてます。

 

女性

 

女性の一人暮らしおすすめベッドサイズは?

女性の一人暮らし。「1kの部屋、おすすめなベッドサイズって?」知りたい女性も多いはず。

 

6畳の1k、1Rの部屋にベッド置きたいけど、みんな、どんなベッドサイズを、置いているのか、知りたいですよね。

 

  1. 王道の一般的なサイズのシングル
  2. ベッドは、広々ゆったりのセミダブル
  3. よりゆったりで彼氏も泊まれるダブル

 

1位:王道の一般的なサイズのシングル

ベッドのシングルサイズは、横幅97cm x長さ195cm。1k、1Rの部屋、狭いとは言えども、一般的で、王道サイズ、人気があるのは、シングルサイズのベッドになります。

 

6畳の1k、1Rに、シングルサイズのベッド配置するので、その面積分は、部屋が狭くなりますが、部屋の動線は、確保できるでしょう。

 

また、選ぶベッドによっては、部屋の狭さをカバーできたり、動線も広く取れたりします。

 

女性の体型的にも、やせ型体型、普通体型、ぽちゃり体型など、ほぼ、大丈夫。ベッドの場合、肩幅にプラス30センチが、狭いと感じない幅になります。

 

ベッドの長さは、どのサイズも195cmなので、女性ならば、ほぼ、大丈夫だと思います。

 

どういうベッドかと言うと、障害物になるヘッドボードがないヘッドレスのベッド。

 

どうしても、棚付きが欲しいならば、ヘッドボード付きでも薄型のものや、薄いパネル型のヘッドがおすすめです。

 

このようなベッドを選ぶと、お部屋のレイアウトにも困りません。

 

ベッド

 

2位:ベッドは、広々ゆったりのセミダブル

ベッドのセミダブルサイズは、横幅120cmx長さ195cm。女性の一人暮らしに、意外に多いのが、セミダブルのサイズです。

 

睡眠重視の方、広々とゆったりしたベッドで眠りたい方など、さまざまな理由で、選ばれるんだと思います。

 

初めての一人暮らし、引越して一人暮らし。まずは、生活に、最低限必要なもの、特に、大きな家電、家具で一番、大きなベッドなどを、部屋に配置して、生活をスタート。

 

この意味合いから、シングルより、少し大きめ、セミダブルサイズのベッドも、真っ先に、ど~んと配置できます。

 

シングルサイズのベッドよりは、若干、大きめなので、さらに、フリースペースが、少なくなるでしょう。

 

最初に、主役の大きな家電、セミダブルの大きさのベッドに合わせて、日常の動線も、自ずと決まると思います。

 

大きな主役だけ、揃える。生活していく上で、必要になれば、雑貨・小物などは、100均などの駆使して、購入しよう~ぐらいが、ちょうどいいと思います。

 

細々とした小物・雑貨を、先に配置した部屋に、後から、大きな家電、大きなベッドを配置するのは、難しい。

 

新生活がはじまる以前から、「あれも必要」「これも必要」と、買い揃えても、使わない物が、きっとあるはずです。

 

というのも、一人暮らしの方は、学校やバイト、仕事などで、お昼間は、家にいません。家にいる時間は、帰宅した夜と休日ぐらいでしょうか?

 

生活していくと、物は、ドンドンと増えていくものです。初めは、必要最低限、質素、簡素からでもいいぐらいです。

 

3位:よりゆったりで彼氏も泊まれるダブル

ベッドのダブルサイズは、横幅140cmx長さ195cm。女性の一人暮らしで、ダブルサイズのベッドは、横幅が、140cmですから、かなり、フリースペースが、削られると思います。

 

ベッドのダブルサイズのメリットとしては、贅沢ですが、大きなベッドで、ゆったりと眠れること。また、彼氏、友人などが、泊りに来た時に、ダブルベッドなら眠れます。

 

セミダブルのベッドと同じような、意味合いになりますが、最初に、ダブルベッドを配置して、生活のスタートはじめれば、ダブルベッド中心に、狭くなるでしょうが、動線は、確保できると思います。

 

例えば、キングサイズは、横幅180cmx長さ195cmと、ほぼ、正方形。キングサイズのベッドを、ワンルームや1Kの部屋に配置すると、動線は・・・細い方なら身体を斜めにすれば、通れるかも(笑)

 

ダブルベッドは、男性が、選んで使用されているのは、よくあります。大柄な体型なのでとか、ベッドぐらいは、広く、ゆったりと使いたいという希望からです。

 

男性が希望するのなら、女性にもダブルベッドで、大きなベッドで、ゆったりと眠りたいという方もいます。

 

ですが、ダブルベッドのイメージから、「女性の一人暮らしで、ダブルベッドって、引かれない?」など、ダブルベッドが欲しいけれども、変に誤解されないかで、悩む女性もいらしゃいます。

 

でも、誰になんと言われようと気にしない!という「覚悟」があれば、ダブルサイズのベッドも大丈夫だと思います。

 

カップル

 

一人暮らし部屋のベッドレイアウト

アパートやマンションなどの集合住宅に多い、団地間(だんちま)で、部屋の広さによるベッドのレイアウトをみていきたいと思います。

 

団地間(だんちま)では、1畳が、170cm×85cmになります。

 

4畳半のシングルサイズのベッドレイアウト

4畳半のシングルサイズのベッドレイアウト

 

ほぼ、正方形の4畳半の部屋です。シングルサイズのベッドを置くと、ベッドの置き方にもよりますが、上下のスペースは、かなり、狭いです。

 

ショート丈のセミシングル、ヘッドレスのベッドを選んで、自由スペースを確保する必要がありますね。

 

ここに、家電・家具などが入るので、やはり、ベッドは、コンパクトサイズにするのが、得策でしょう。

 

6畳のシングルサイズのベッドレイアウト

6畳半のシングルサイズのベッドレイアウト

 

6畳の部屋では、シングルサイズのベッドでも、自由スペースが確保できますね。

 

部屋の内部にもよりますが、ベッドのレイアウトを見ると、部屋の長い壁面に沿うように、置くと、無駄なスペースがないように思います。

 

部屋の短い壁面に、横に置く場合は、ベッドの上下は、狭いスペースになりますが、パーテーションなので、寝室とミニリビングと、部屋分けが、できますね。

 

8・10畳のシングルサイズのベッドレイアウト

8畳のシングルサイズのベッドレイアウト

 

畳のシングルサイズのベッドレイアウト

 

8、10畳の部屋です。特に、10畳の場合は、「どこにでもベッド置けます!」状態。8畳も、4畳半、6畳と比較すると、かなり、自由スペースが確保できるのが、解ります。

 

でも、広く見えている自由スペースも、家電や家具などの配置が、大事になってきます。

 

一人暮らし女性のベッド選び

一人暮らし、女性のベッド選びのポイントは、5つ!

 

  • 部屋の大きさに合うベッド
  • 自分の体型に合うベッド
  • 部屋の収納スペースに合うベッド
  • 自分が欲しいベッドの使い勝手
  • ベッドの予算・品質・デザイン

 

部屋の大きさに合うベッド

女性に、人気のベッドサイズでも解ってもらったと思います。イメージとしては、6畳の1k、1Rの部屋にということ。

 

しかし、一人暮らしの女性の中には、6畳未満の5畳、4畳半といった狭い部屋で、住んでいる方もいます。

 

6畳未満の例えば、4畳半に、人気のベッドサイズのシングルでは、フリースペースが削られるので、工夫をしないといけません。

 

やはり、4畳半と言うことで、ベッドは、ショート丈のセミシングルベッドにされています。

 

 

自分の体型に合うベッド

自分の体型に合うベッド選びというのは、高身長=背が高い方には、背の高い方用のロングベッド(ベッドの長さが、約200cm程)が、快適に眠れると思います。

 

男性で、身長が180cm越え~の方が、シングルベッドで寝ると、足が出ます。女性では、170cm前後の方が、高身長になると思います。

 

横向きになると、体勢が、くの字になり、寝る体勢としては、苦しいと思います。

 

若い男性では、背が急激に伸びてしまうってことありますよね。そんな時には、シングルベッドで、しょうがない・・・次にベッド買い替えまでの我慢となるようです。

 

次に、体重が重く、大柄の体型の方には、頑丈設計のベッドがおすすめです。重い体重に、寝返りをうつたびに、ベッドに、負荷がかかっています。

 

ベッド専用のスプリングマットレスを使用されている場合は、厚いマットレスによって、体圧を分散してくれているので、正しい、使い方と言えます。

 

すのこベッドは、メリットでもある優れた通気性のために、すき間が、あいています。このすき間のため、一般的なベッドの床板よりも強度が、弱いのです。

 

体重が重く、大柄の体型の方の場合は、スプリング入りの厚めのマットレスを使用するか、ベッドの耐荷重500~600kgの頑丈設計と謳っているベッドをおすすめします。

 

高身長・大柄体型の女性

 

また、背の低い方、痩せていて小柄な方などは、女性に多いと思いますが、ベッドに関しては、どのサイズでも、使い方も、変わりはありません。

 

逆に、部屋のフリースペースを広くしたい場合に、背の低い小柄な女性は、ショート丈(180cm)に、セミシングル(横幅83cm)というサイズが選べます。

 

ショート丈のセミシングル、さらに、ヘッドレスにすると、かなり、コンパクトなベッドとなり、お部屋のレイアウトしやすく、自由スペースも確保できます。

 

おしゃれショートベッドとセミシングルサイズのベッドおすすめ特集⇒

 

部屋の収納スペースに合うベッド

部屋に、しっかりと収納できるクローゼット、押入れなどが装備されているなら、収納スペースを考えたベッド選びは、必要ありません。

 

しかし、先にご紹介した、1Kの4畳半のお部屋は、押し入れなし。このような物件も多いと思います。

 

また、部屋の間取りには、収納スペースと書かれているけど、実際に、物件を見てみると、小さい、気持ちばかりのクローゼットという事もあります。

 

そのために、チェスト、洋服タンスなど、収納家具を買って置くと、フリースペースが脅かされます。それにベッド置いたら、なおさら、ない。

 

それを、カバーするのにおすすめなのが、収納ベッド、または、脚付きベッドなら、ベッド下に、収納スペースが確保できます。

 

収納ベッドは、ベッドの面積分、ベッド下が、収納スペースになるので、大量に収納することが可能なので、大きな味方になってくれるはずです。

 

自分が欲しいベッドの使い勝手

ベッド、ヘッドボードなし=ヘッドレスベッドで、十分という方も多いと思います。

 

ですが、枕元に、ヘッドボードが備わっていると、私もメガネをかけていますが、寝る前には外して、棚に置けています。

 

私は、すごく視力が悪く、メガネを外して、テーブルや机に置くのは、まだ、安心。

 

ですが、経験はありませんが、何気に、畳、フローリング、ラグなどに、置いてしまって、目が見えずに、運が悪ければ、踏んで壊してしまう事も考えられます

 

また、若い方には、スマホが必需品。ヘッドボードに、コンセントが付いていれば、就寝中に、スマホなどの充電ができ、枕元なので、すぐ、手に取れます。

 

さらに、眠りをじゃましない、ほのかな灯りの照明付きもあります。

 

モダンライト・コンセント収納付きベッド【Cher】シェール

 

天井のシーリングライトだけで、夜中に、物音がしたり、グラッと地震の時など、起きた時に、暗闇の中、スイッチを探すこともあるかもしれません。

 

そんな場合に、枕元にスイッチがあり、すぐ灯りが、つけられると、何かと安心です。

 

でも、女性の一人暮らしの部屋で、すぐ、手の届くところに、間接照明やコンセントが、あれば、必要はありません。

 

また、テーブルを、ベッド横に、持ってきて、そこに、メガネやスマホなど、置く事もできます。

 

ベッドを選ぶ際には、自分が欲しい、必要だと思う機能が付いたベッド、また、その機能が、使い勝手いいベッドがおすすめです。

 

ヘッドボードのデメリットとしては、ヘッドボードの幅分、ヘッドレスと比べると、長くなり、お部屋のレイアウトに響いたり、フリースペースが削られます。

 

自分にとって、ヘッドボードなどの機能か、フリースペース確保か、どちらを優先するか?も考えて、ベッドを選んでみて下さい。

 

ベッドの予算・品質・デザイン

ベッドの購入には、ベッド予算も大事。何でも、そうですが、高品質なものは、高額になります。

 

高品質が、耐久性などに繋がる品質ならば、長く使うことで、コスパが良くなるので、上手で、賢いお買い物になります。

 

ベッドのデザインも、さまざまあります。デザインの見た目だけで、決めないで、価格に見合う品質が、ともなっているのか、見極めないといけません。

 

自分の部屋に、ぴったりのベッド選びで、迷いそうなら、具体的に、書き出してみることです。

 

ベッド予算は?「とにかく、安いベッド」「マットレス付きのベッドで、3万円以下」など。

 

ベッドの品質は?「できるだけ、長く使いたい」「数年後に、結婚予定なので、簡易的なベッドで」など。

 

ベッドデザインは?「シンプルで、ヘッドレス」「北欧デザインのステージタイプ」など。

 

でも、ここでの注意点。その好みのデザインベッドのメリット・デメリットは、把握していますか?特に、デメリットの内容は、全く、自分には問題がないのか?

 

デメリットがあっても、自分でクリアできる範囲のものなのか?は、事前に知っておく事が大事。使いはじめて、例えば「え~こんなに、掃除しにくいの?」と、嘆いても、後悔先に立たずです。

 

こんな感じで、具体的に、書き出し、ネットなどで情報収集です。今の自分に、今の部屋に、ぴったりのベッドが、みつかるはずです。

 

一人暮らし女性には、コンパクトベッドがおすすめ

一人暮らし、女性の住まいが、1k・1Rなど、狭いお部屋でも、工夫次第で、快適に過ごされています。

 

そのためにも、フリースペースが、あるに越したことはありません。お部屋の中で、大きな家具のベッド選びで、フリースペースが少しでも確保できるなら。

 

そこで、一人暮らし女性に、コンパクトベッドがおすすめです。コンパクトベッドとは、長さが短いショート丈(180cm)

 

ベッドの横幅が、コンパクトなセミシングルサイズ。また、ヘッドボードなしのヘッドレスベッドです。

 

ショート丈のセミシングルでヘッドレスのベッドは、超コンパクトベッド。何度も出しますが、新聞紙を開いて、3枚分です。

 

ヘッドボードなしショート丈セミシングルの大きさ

ヘッドボードなしショート丈セミシングルの大きさ